2017年10月 6日 (金)

楽ナビ&彩速ナビ新製品発表!楽ナビはいきなりのセール設定でご提案します!

カロッツェリア楽ナビとオーディオ類、ケンウッド彩速ナビ&周辺機器等、
秋の新製品が続々と発表となりましたのでとりあえずのご案内です!

Rw901
まずは楽ナビ全機種2017年モデルに!プレスリリースはこちら
 
 
基本的には地図更新のみでハード面の変化は無しの超マイナーチェンジですが
最上位モデルのAVIC-RL901/RW901/RZ901には3年間地図更新無料が復活!!これはありがたいですね。
機能面では唯一目的地追加機能が追加されています。
これ、パナナビなら昔から当たり前にできる機能なのですが、
楽ナビではNGで、ここが僕自身がイマイチ楽ナビを好きになれない理由でもあったので
これは今更ながら良いかな・・・・と思います。
 
また、同じ楽ナビでもプレスリリースはありませんが
特定ルート用の楽ナビ(従来のAVIC-RZ800-D等)も2017年版になっております。
こちらはメーカーHPでご確認ください↓
 
こちらの注目はなんと言っても8インチモデルAVIC-RL801-Dが追加されたこと!
この801シリーズは901シリーズと同機能でモニターのみブリリアントフィニッシュパネルではないのに
価格がぐっと安いことがウリだけに、これは売れそうな予感が一瞬したのですが・・・・・・
こちら(801シリーズ)は3年間地図更新無料はついておりませんので、
更新を考えると901シリーズとの価格面での有利さが無くなってしまうのでお勧め度は低くなってしまいました(>_<)
 
 
同時発表であとは
メインオーディオユニット7種発売
 
ハイレゾ再生を意識して?人気の上位スピーカーCシリーズにコアキシャルモデル追加
http://pioneer.jp/corp/news/press/index/2141

(これにより従来のJシリーズは終了です)
 
人気の高い小型パワードサブウーファーは新型に!
 
各製品10月20日頃より発売開始となります!
当社HP掲載は次回更新時(11月1日予定)になるかと思いますが
各製品価格は出ますので発売直後にすぐほしい!今すぐ検討したい!って方は
10月中はメールにて価格お問い合わせください。
 
楽ナビは当社では発売直後からセール価格でご提案いたしますので!!
 
 
お次はケンウッド。
ハイレゾ強化の新シリーズ「TYPE M」として8インチ・7インチワイド・7インチの3機種発売!
音響と操作レスポンスは抜群だけどナビの基本性能が弱い・・・と言われがちなケンウッドですがそのあたりもかなり改善されているようです。
 
プレスリリースはこちら
 
周辺機器では
単独使用型のドライブレコーダー3機種
 
 
ナビ連動・前後録画可能のドライブレコーダー
 
彩速ナビ連動用ETC2.0車載機2種
 
 
ケンウッドは10月中旬以降順次発売開始となり、
当社HP掲載&価格掲載は次回更新時(11月1日予定)になります。
 
 
 
 
と言うわけで御注文・お取付はもちろん、
ご検討のご相談やご質問等、お気軽にお問い合わせください!!!
 
 
 
 
 
 
 
           by大塚専務
 
 

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

ユピテル新ドラレコはセキュリティ性重視モデル?

先日ユピテルよりドライブレコーダーの新型が発売となりました。
360°(前後左右のみ)録画可能で4つのセンサー(接近、衝撃、傾斜、ドア開)、警報音発報を搭載。
最長2週間の駐車記録が出来ます。
(メーカーのうたい文句ですが・・・・SDカードって容量ありますからね(^^;)・・・・現実的には???)
      
言うなれば、従来のドラレコよりセキュリティ性を高めたドラレコと言えます。
 
品番はS10。当社HP掲載は次回更新時(10月1日予定)となりますが
すでに発売中で、当社販売価格は税込¥54,000-となります。
 
詳細はメーカーHPにて↓
 
https://www.yupiteru.co.jp/products/biz_dr/s10/

S10


特徴としてはやはり、駐車中監視に力を入れていることで、
駐車後30分または1時間は常時録画が可能、イベント(衝撃等)発生時は
その前後を別ファイルに記録するため、他機種の駐車中監視で良くある&最大のデメリットである
    
衝撃等を受けてからカメラ起動・録画開始→記録初めには肝心の対象物(車や人)はすでに走り去った後・・・
   
なんて事が無くなります。
 
また、常時録画終了後はイベント録画のみとなりますが、この際も
エリアセンサーで動体を感知してカメラ起動となりますので、エリア検知とイベントが同時に起こらない限りは
イベント前後の記録が残るというわけです。
 
また、夜間や暗所の場合、LED発光により鮮明な記録を残します。
従来のドラレコは走行中録画前提=最低でもヘッドライトの明かりはあるのでLED不要でしたが
このドラレコは駐車中監視重視なのでこのような機能があるのです。

    
ただ、駐車中の「当て逃げ」「悪戯」等の記録重視の作りの為、360度のカメラ搭載しておりますが、
昨年発売のQ-01の全方位720度に比べると垂直に関しては210度になるため、
車両後方もしっかり映すよう角度調整すると
走行時に前方情報が映らない→信号が映らず事故の際に肝心のところが・・・となる場合があります。
(これは車両形状にもより大きく異なりますが。。。)
 
それを避けるため、走行中と駐車時で簡単にカメラ角度を変えられるように
設計されておりますが、実使用でこれを小まめに調整して使用・・・・は????と言う感じです。
 
 
ゆえに、ハッキリ言って、これはドライブレコーダーと言うより、
駐車中レコーダー・・・・に近い製品と言うイメージでしょうか・・・・

・・・なら、導入費用考えれば自宅駐車場に関しては監視カメラ付けた方が良くない??って気もします・・・・が
出先での長時間駐車中の当て逃げや悪戯防止&記録には良いかもしれません。
 
 
ちなみにオプションのマルチバッテリーOP-MB4000を使用すると
駐車後の常時録画時間(最大1時間)を最大12時間まで延長することができます。
 
あと、スマホ連動でオートオンオフとか・・・メーカーではうたってますけど
そのスマホ用ソフト対応が貧弱と言うか現状をカバーしきれていない上、
今後のバージョンアップも不鮮明・・・・・・・でこの機能は販売店としてはお客様へ
積極的にはお勧めできないのも痛いところです。
と・・・・かなりマイナス要素の強いご案内となってしまい、
使い勝手はめっちゃ微妙な製品ではありますが、
セキュリティとして考えるならアリ??・・・・(いや・・・無いですね・・・ならカーセキュリティ入れるか駐車場に監視カメラ・・・・くどい??)
もとい!!
ドラレコとセキュリティ、どちらも中途半端でも良いから一つのユニットで欲しい!
ってかたにはご検討の余地があるかも??
&こんなのもあります!って感じで・・・・(^^;)
興味のある方は是非ご相談ください!
 
 
 
 
 
 
         by大塚専務
 

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

IQOS(アイコス)愛用の方に車でも家庭でも使えるコンパクトなチャージャー発売開始!

本日ご紹介は、最近かなり普及してきたIQOS(アイコス)ご愛用の方への新ご提案品、
IQOSホルダーに直接充電できる、コンパクトで使いやすいIQOSホルダー充電器、ElutのMSE-IQ01
 
P1080811
USB電源でケーブル&シガープラグ付属なので家庭でも車でも使用できます。
 
まぁ、家庭で使うなら純正チャージャーで問題ないと思いますけど
車で使用する方は純正チャージャーに比べ、
蓋の開け閉めが無い&挿すだけでOK&コンパクトで置き場に困らないので良いのでは??ってことでのご提案です。
 
 
具体的にはこんな感じです↓
P1080809

チャージャーにはインジケーターは付いておりませんが、
ホルダーのインジケーターの点滅により、充電状態が確認できます。
 
 
 
 
製品詳細はこちら↓
 
 
 
カラーはヴラックとホワイト、当社販売価格は税込¥4,298-、
すでに在庫もございますので即販売可能です!
 
 
 
*IQOSホルダーは付属しておりません*
 
 
 
 
 
 
            by大塚専務

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

待望のパナ主力ナビ2017年モデル発表!と言っても目玉は大画面の首振りのみ??

サイバーナビと同じく、GW明けのモデルチェンジがなく当社の6月の売上ダウンに直結した
(これはどうでも良いですね・・・)パナナビストラーダのフラッグシップモデル、
様々な車種で大画面が楽しめるのがウリのCN-F1Dの後継機、
2017年モデルが本日やっと発表となりました!
 
メーカープレスリリースはこちら↓
 
 
で、気になる内容は一番の目玉は新ラインアップとしてCN-F1XDが追加になったこと。
このCN-F1XDの特徴=2017年モデルの進化としては
 
1.モニターの左右角度が変えられる
2.明るく見やすい「ブリリアントブラックビジョン」搭載
3.ハイレゾ再生対応はブルーレイフォーマットのみだったのが
新たにSDカード・USBを通してFLAC,WAVフォーマットのハイレゾ音源が再生可能に!
*4.HDMI入力した動画をリアモニターにHDMI出力もできるようになりました。
 
上記4つは従来モデル後継のCN-F1SDには無い機能ですので
実質的には新型・・・ってイメージで良いと思います。
それに対し、CN-F1SD&以下に出てくるCN-RX04D/WD・CN-RE04D/WDは
基本的に新しい地図が載っただけの超スペシャルマイナーチェンジです(^^;)
*CN-F1SDはさらに、HDMI入出力無し・サブウーファー出力・音声認識無し等、
 かなりデチューンされております・・・・・・(-_-;)*
      
新・・・と言うか2016年モデルからのパワーアップ点は
 
「逆走注意アラーム」等安全運転サポート機能、
 
タッチ操作の反応を向上した「ダイレクトレスポンス」
 
ってことろで・・・まぁ若干の進化ですね。
 
 
ちなみに小ネタですがCN-F1XDの「ブリリアントブラックビジョン」は
 
電源オフにしたときにモニター画面(電源オフですと当然真っ黒になります)と
その周りの枠部分が同じ色になって境目がわからないそうです。
・・・・・・・・・って・・・・だからなに?って話ですが。。。。(^^;)
 
 
 
そして同時にストラーダ、CN-RX03D/WDとCN-RE03D/WDの後継機も発表になっております。
 
CN-RX04D/WDのメーカープレスリリースはこちら↓
CN-RE04D/WDのメーカープレスリリースはこちら↓
 
*CN-RA04D/WDは量販店ルート専用品なので当社では販売致しません。
どちらも概要(変更点)は上記の通りです。
 
尚、大画面のCN-F1XD&SDは11月上旬発売予定、
他の4機種は少し早くて10月中旬予定です。
 
首振り機種以外は目新しい点はありませんが
サーバーナビ&パナストラーダは当社主力製品ですので
発売直後から極力多くの皆様に御満足頂けるような価格&サービスでご提案予定ですので
是非ご検討下さい!!
 
 
*部は9月11日に追記しました*
 
 
 
               by大塚専務

| | コメント (2)

2017年8月30日 (水)

お待たせしました!2017年サイバーナビ全機種発表!

本日やっと?2017年サイバーナビ全機種発表となりました。

メーカープレスリリースはこちら↓
ベースモデル
車種専用10V型
 
すでにメーカーHPも更新されております↓
 
気になる内容については・・・すでに8月4日 (金)の本ブログ
にて2017年モデルサイバーナビとしてご案内しておりましたが、
この時点では販売店用の資料は無く、予想含めた記事となっておりましたが、
資料が手元にある現在でも・・・やっぱりこの通りで・・・(^-^;
 
従来のサイバーの場合は、マイナーチェンジでも品番は桁が変わるか9が入るパターンなので
2017年モデルはマイナーチェンジならCZ990、
フルモデルチェンジ(ありえないと思っていましたが)ならCZ9000とか・・・
になると思っていたところ901・・・・(-_-;)
 
そう、超マイナーチェンジでナビ機能・性能・ハード面は殆ど変更がありません。
(正確に言えばハード面では何故か光ビーコン対応復活したのと付属USBが増えたこと等、多少変更は有ります)

        
性能・機能がパワーアップしたのは音響再生面のみです。
ゆえに、音響再生等がデチューンされている廉価版の700シリーズでは
新地図以外何も変更点がないので701ではなく700IIとなっております。

     
その音響面のパワーアップは主に
・ハイレゾ音源のネイティブ再生対応
・新技術のマスターサウンドリバイブによりCD音源や圧縮音源再生をハイレゾ音源相当の音質に
・チューニングモード、イコライザー(31BANDで0.5dB刻み)、タイムアライメント(0.35cmステップ)等、より詳細な音響調整が可能

    
これらにより、より臨場感のある再生が可能となり、
メーカーでは2017年サイバーナビは「超臨場ナビ」とうたっております。
 
 
尚、同時に汎用ドライブレコーダーも発表になっております。
 
プレスリリースはこちら↓
メーカーHPも更新済み↓
 
既存バックカメラ等、別カメラも同時録画できるND-DVR30は面白い製品で
需要があるかと思いますが、
既存カメラの状態によっては分配器以外にも配線変更等が
必要になる場合がありますのでご注意ください。
また、付属SDは新製品はどれも8GBと小さめです。
 
 
で、当社では毎年主力モデルは早期御予約割引販売を行っているのですが
今回のサイバー&この後は発表になるであろうパナナビに関しては
”今月のセール”で対応予定で
2017年サイバーナビに関しては9月のセール品でご提案予定です!
(次回更新時:9月1日に価格設定が間に合わない場合は追って掲載致します)
 
 
2017年モデルを早く安く欲しい!って方はお見逃しなく!!
 
 
 
 
 
        by大塚専務

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

サイバーナビ車種専用10 V型でニッサンセレナ(C27系)用発表!品番&2017年モデルって事は??

先日カロッツェリアから現行ニッサンセレナ車種専用10インチモデルが発表となりました。
詳細はこちら↓
 
 
サイバーナビに関してはご周知のとおり例年GW明けに、その年の新モデルが発表になっていたのが
今年は諸事情により秋以降・・・・って事でサイバー&パナフラッグシップモデルをメイン商品としている当社としては
5~7月の売上が例年に比べ著しく落ちるという弊害を受けていた訳ですが・・・・(>_<)
(パナフラッグシップも春の発表&発売がなく秋以降・・・だったのでダブルパンチ)
 
・・・ってあれ?まぁ、そんな当社事情はどうでも良かったですね・・・・・(^^;)

  
で・・・ここで一つ以下の本記事をご覧頂く上でのご注意ですが、
当社はカロッツェリア(パイオニア)カー用品の正規販売代理店ですので
当然その立場から一般の方よりは早くメーカーの新製品情報詳細や
今後の新製品等の情報を入手できるわけで、過去にはその立場を利用した?すっぱ抜き記事等で
メーカー様にご迷惑をかけたことも多々ございますが、本記事に関しては
メーカーからの情報等一切なしで単純に皆様と同じく上記メーカープレスリリース記事を見てのみの
僕の個人的感想ですのであしからず。。。。。
 
 
で、話戻ってこのセレナ用モデル、上記メーカープレスリリースを見ると
品番は”AVIC-CE901SE(-ME)”、説明文には”「サイバーナビ」(2017年モデル)”と記載されています。
 
これ・・・非常に微妙ですね。(まぁ冷静に考えれば微妙でも何でもないですが)
品番が”AVIC-CE900SE(-M)”なら単純に”あぁ、2016年モデルにセレ専用が追加されたのか・・・”ッテ感じですが
2017年モデル&901ってことは地図データ&ハイレゾ再生対応が一歩進んだだけの
超マイナーチェンジモデルで他のサイバーも秋には901・・・で発売されるって事か?って想像できます。
 
まぁ、2016サイバーが本年中にモデルチェンジしても絶対に超マイナーチェンジ・・・と予想していたので
これは順当なのかもしれません。ただ、CE901SEがその超マイナーチェンジのベースだとしたら
あまりにも超マイナーすぎる・・・・・かと(^^;)
 
HPやブログで記載の通り、僕自身、2016年サイバーナビは僕が毎日乗っている営業車に搭載し、
毎日使用しており、そのスゴサ(色んな意味で)は実感しておりますが
もともとパナナビ好きの僕としては不満点も、当然のごとく多々あります。
 
それが、少しでも改善された超マイナーチェンジなら・・・とは思うのですが
上記プレスリリースを見る限りではそれも無さそう・・・・・(^^;)
 
わずかな望みとして、従来のカロの場合は、マイナーチェンジでも品番は桁が変わるor9が入るって事から推測すれば、
本当にモデルチェンジなら次回モデルはCE9000とかCE990とか・・・と思えるので
今回のCE901は以前楽ナビであった”II”と同じ意味の地図更新のみのモデル・・って意味なら救われるのですが。。。。
 
 
 
 
と・・・・とりとめも何の根拠もない個人的見解&希望で失礼致しましたm(_ _)m


とりあえずお仕事なので宣伝も・・・・・
上記セレナ専用サイバーナビ、当然のことながらサイバーナビ&パナフラッグシップモデルが主力製品の当社としては
発売直後からギリギリの価格でご提案致しますので、現行セレナオーナー&ご購入検討中の方は
御気軽にご相談下さい!!!!
 
 
 
 
 
         by大塚専務
 
 

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

データシステムマルチビューカメラ検証、これは結構イケルかも??

6月1日のHP更新時に新製品として
データシステムのマルチビューカメラMVC811(当社販売価格税込¥17,280-) を
掲載致しました・・・こぼれ話にも記載の通り、
掲載時にはまだ実際に検証をしておりませんでした。
 
で、やっと時間ができたので検証してみましたのでご報告です。
 
結論を先に言えば(と言うか件名でOK出してますね・・・)
予想通り画角も広く、画質もソコソコ、価格も安くかなり良さげです。
 
これで当社お勧めの汎用フロントカメラは
 
・ケンウッドCMOS-320→夜間もきれいな画質&ケンウッドナビならナビ操作可能
 
・AVC HMFB-CAM01→カメラ本体が超コンパクトで目立たず狭い場所にも設置可能&高画角
 
・アルパインPKG-C2500F→電源ボックス付きで組み合わせるシステムによってはかなり有利
  
・データシステムMVC811→高画角・低コスト
 
の4種となりました。汎用フロントカメラご検討の方は上記特徴と以下の検証記事を
機種選択のご参考にして頂ければ幸いです。
 
尚、データシステム以外の3機種については以前の本ブログ記事、
 
(AVC製のコンパクトさご紹介)
(アルパインの新モデルを旧モデルとの違い含めご紹介)
(ケンウッド・AVC・アルパインの旧モデルの3種比較)
 
に同様の条件での写真等掲載しております。
 
で、本題のMVC811です。
こちらはマルチビューカメラですのでケンウッドCMOS-320と同じく
正像・鏡像切り替え可能ですのでフロントカメラとしてバックカメラとしても使えます。
正像・鏡像の切り替えは付属スイッチで行いますので設置後でも切り替えできます。
 
今回はフロントカメラとしての検証です。
 
カメラ本体サイズはW23mm×H23mm×D38mm と
奥行きが長いですが正面のサイズは一般的でケンウッドやアルパインと同じ、
専用のナンバープレート取付ステー(税込¥3,240-)も近々発売予定です。
 
気になる映像ですがこちらは6パターン切り替えが可能です。
(以下の検証写真は以前の各カメラ検証と同じ位置での撮影です。)
まずはフロントカメラの命、コーナービュー
P1080478

水平画角180度・・・完璧に180度カバーしており、スペック上195度の
ケンウッド製より確実に広い範囲が確認でき、左側の電信柱も奇麗に映っています。
AVC製もこの電信柱はカバーできますが画像のきれいさと範囲の広さはこちらが上ですね。
これだけでこのカメラのポイントはかなり高いと言えるでしょう。
 
お次は全体を一番広く見るスーパーワイドビュー
P1080476

このビューを実際に使うことは少ないかと思いますが
他のカメラとの比較で上下左右とも見える範囲が広い&補正による画質劣化が端の方でも少ないのがわかるかと思います。
 
お次はノーマルビュー
P1080477

ここでは画質がソコソコ無難なレベルであることが確認できます。
 
お次はトップビュー
P1080479
今回の検証では取説通りの取付のため、他のカメラは若干下向きに設置しているのに対し、
このカメラは進行方向に水平に設置しています。
ゆえに、真下が映っていない&広角によるひずみが激しい・・・となってしまい
(おまけに僕の写真の下手さでピンもボケており)写真はイマイチですが
トップビューを頻繁に使う方は下向きに設置すれば問題ないレベルかと思います。
ただ、トップビューに関してはAVC製の方が若干良いかもしれません。
 
お次はこのカメラのみの表示でスーパーワイドビューとコーナービューの上下2分割表示
P1080480

AVC製では似たようなのでコーナービューとフロントビューの2分割があり、
AVC製は補正が入っており、ひずみが無く見やすい分、コーナーの見える範囲がカットされますが
このカメラの場合は見える範囲はカットされずにすべて画面の中に収めております。
ゆえに、その分ひずみは大きくなり、逆に見難くなりますが
とにかく左右の広い範囲を見たいんだ!って方には有利ですが、それなら普通にコーナービューを使えば良いかな?って感じですね(^^;
 
最後も他のカメラにはない表示でスーパーワイドビューとトップビューの上下2分割表示。
P1080475


メーカーの意図としては前進で輪止めがある場所に駐車時に
上のスーパーワイドビューと前方全体を見て、
下のトップビューで輪止めを確認できれば便利、と設定したと思いますが
正直・・・・これ・・・使用頻度は低いかと思います。
 
最後に夜間性能ですがこちらは・・・
P1080493

写真の撮り方が下手ですがこの写真よりはきれいに色は出ます。
ただ、暗さにより全体的に画像が粗くなってしまうのはやはり他のカメラと同じ・・・より若干悪いくらいです。
まぁ、間違いなく夜間性能ではケンウッドが一番ですが、
このカメラも昔のアルパインよりは上ですから、実用には耐えうるかと思います。
 
と、悪い意味で?さすがデーターシステムと思えるような表示の設定もありますが
このカメラでは6パターンのうち、使わないビューは非表示に設定できるので
必要なビューだけ表示にしておけば、切替の手間はかかかりません。
この辺りは良い意味でさすがデータシステムって感じです。
 
 
 
 
と言うわけで、フロントカメラご検討の方は通称カメラ屋?の当社まで
お気軽にご相談ください!!!
 
 
 
 
 
 
 
        by大塚専務

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

市販ナビに接続できるサテライトビューカメラ、第2弾、現行ヴェルファイア用発売開始!

先日本ブログ&HPにて市販ナビに接続可能(バックカメラ入力使用)なサテライトビューカメラをご案内致しましたが、
その第2弾として現行ヴェルファイア用サテライトビューカメラSV-Y002が本日より発売開始となりました!
 
詳細はメーカーHPでご確認ください↓
 
 
 
是非今後も他の車種を開発・発売して欲しいところですが
とりあえず現行アルファード&ヴェルファイア(どちらもハイブリッドは適合未調査)に
お乗り&市販ナビ(DOPナビも接続可能です)をつけてる方は、
このキットでサテライトビューが手に入る・・・・ってことで・・・・
 
 
お値段の方は当社販売&取付(調整含む)すべてひっくるめて
アルファード用と同じく税込¥149,040-となります!
(サイバーナビやケンウッドナビの様にバックカメラ入力がRCAではないタイプの場合は別途変換アダプターが必要になります)
 
 
現行ヴェルファイア&アルファードで市販ナビをお使いの方はお見逃しなく!
 
 
 
 
 
     by大塚専務
 
 

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

市販ナビに接続できるサテライトビューカメラ、カナテクスから発売中!!~まずは現行アルファード用から~

最近はやり?のアラウンドビュー等の全方位駐車アシスト機能。
便利ですが基本的には純正ナビ専用で市販ナビには取付不可、また価格も高額です。
(アルパイン等でいくつか市販品がございましたが・・・・)
 
 
で、今年四月、取付キットの大手、カナテクスより、市販ナビに接続可能(バックカメラ入力使用)な
サテライトビューカメラが発売されました!
   
車種専用でまず第一弾は現行アルファード用、SV-Y001。
 
詳細はメーカーHPでご確認ください↓
 
 
 
まぁ、市販品と言っても、どの車種にも・・・ではなく車種専用ですので
今後、他車種の発売も期待したいところですが、第2弾でヴェルファイアは確実に出るでしょうけど、
そのあとはどうなんだか・・・・・(^^;
 

    
昔アルパインもヴェルアルとプリウスまでは出していましたが・・・・・
    
とりあえず現行アルファードにお乗り&市販ナビ(DOPナビも接続可能です)をつけてる方は、
このキットでサテライトビューが手に入る・・・・ってことで、
  
  
気になる値段の方は
当社販売&取付(調整含む)すべてひっくるめて税込¥149,040-となります!
(サイバーナビやケンウッドナビの様にバックカメラ入力がRCAではないタイプの場合は
 別途変換アダプターが必要になります)
   
 
決して”安い!”ってほどではありませんが、純正に比べれば安いですし、
当社でカメラを4つつけるだけでも近い値段になりますので、それを考慮すると魅力は高いかと思います。
 
 
車種専用のため、需要は少ないかもしれませんが、
仮にもカメラ屋?と言われるほど車載カメラの後付けのご依頼が多い当社としては
このアイテムを放置するわけにもいかず?この度、カナテクスの登録店になりましたので
ご報告かねて宣伝させて頂きました(^^;
 
 
現行アルファード&市販ナビをお使いの方は是非ご検討ください!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              by大塚専務

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

ユピテルレーダー探知機、4ピース&ドラレコ連動タイプも2017年モデル発売開始!

先日、2017年モデルのユピテルレーダー探知機Z280Csdの発売開始をお知らせし、
その際に他のモデルも今月末発売予定とご案内致しましたが少し早まり、昨日より発売開始となりました。

これにより2017年ユピテルレーダー探知機2017年モデルは全ラインアップが発売となりました。
 
1ピースは3月発売済のZ180R、
2ピースは先日発売のZ280Csd、
そして今回、
4ピースタイプのZ995Csd(当社販売価格・税込¥51,840-)、
ドラレコ連動タイプのZ810DR(当社販売価格・税込¥64,800-)
 
後は一般ルート品ですが
ミラータイプのA520(当社販売価格税込¥35,640-)
 
どれも共通して、新機能として
 
・小型オービス ダブルアプローチ警報(GPSデータ警報&一部の小型オービスのみレーダー波も受信、警報します)
 
・業界初 ガリレオ衛星受信 全70衛星対応
 
・地図スケール5段階変更 地図の縮尺を5段階で変更出来ます
 
 
でパワーアップ。
 
GPSデータ136,000件以上、取締り・検問データ53,000件以上・77識別警報・誤警報自動キャンセル(iキャンセル)・取締り中路線をマップ上で点滅、リアルタイム警報(公開取締情報・速度取締り指針。無料ダウンロード可)
 
と、なっております。
 
もちろんOBD接続対応(A520は輸入車OBD非対応)です。
 
当社HPへの掲載は次回更新時(6月1日予定)となりますが
販売開始しておりますのでバシバシお問い合わせください!
 




         by大塚専務
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧