2019年1月20日 (日)

ユピテル2カメラモデルドライブレコーダー #DRY-TW9100dについて。~よくあるご質問?SN-TW80dとの違い~

件名の通りですが、ユピテル2カメラモデルドライブレコーダーDRY-TW9100dにつき、
”貴社HPには掲載されていないが取り扱っていないのか?”とか
”指定店モデルのSN-TW80dとどこが違うのか?”ってお問い合わせが
最近とても多いので本ブログに記載です。
Drytw9100d
↓メーカーHP製品詳細はこちら
   
このモデル、当社HPには記載しておりませんが当社でも販売はしております。
販売価格は税込¥34,560-となります。
 
でもって・・・よくあるご質問が
指定店モデルのSN-TW80dとどこが違うのか?ってお話です。

まぁ、DRY-TW9100dは一般モデル(量販店含めどこでも取扱っている)、

SN-TW80dは当社含めユピテルの指定店専用モデル・・・なんて話はお客様には関係無いので
具体的に言うと
 
1.価格(当社の場合&各税込)
DRY-TW9100dは上記の通り¥34,560-、SN-TW80dはHP記載の通り¥38,880-ですので
DRY-TW9100dの方が¥4,320-お安くなります。
 
2.仕様
基本的には、ほぼ同じなのですが最重要事項として、
夜間に強い・暗い場所&スモークフィルムを貼っていても鮮明な画像のSTARVIS(スタービス)機能が
SN-TW80dは前後カメラとも搭載ですが
DRY-TW9100dはリアカメラのみ搭載でフロントカメラはSTARVIS(スタービス)搭載ではありません。
ここを見落としてる方が多い様ですので本ブログを記載致しました(^^;)
 
3.保証期間
SN-TW80dは指定店モデルと言う事もあり3年保証ですが、
DRY-TW9100d は汎用モデルの為、普通の1年保証です。
 
上記2.3.を考慮すると1.の価格差¥4,320-ならSN-TW80dの方が良い?かと思いますので、当社HPではSN-TW80dのみ掲載としており、
今後もDRY-TW9100d は掲載する予定は御座いませんが
(コスト重視のユピテル前後カメラモデルならDRY-TW8500dですかね・・・)
取り扱いはしておりますので上記ご考慮の上、DRY-TW9100d御希望の方はバシバシご依頼ください(^^;)



とにかく、ドラレコの前後カメラモデルは現在最人気アイテムであり、
各メーカーとも次々新製品を出すかと思いますし、買う方も売る方も買い時&売り時が難しい商品となっております・・・・(^^;)
ユピテル製品はアフターサービスも考慮すれば当社一押しのお勧めメーカーですが
以前も記載致しました通り、駐車中監視に関しては前後カメラモデルの
SN-ST80d・DRY-TW9100d・DRY-TW8500dは駐車中監視が非常に使い辛いので
駐車中監視をお考えの方にはこれらのモデルは全くお勧め致しません。
(最新でメーカーHP記載のDRY-TW7500系もこの点は同じです)
まぁ。。。駐車中監視機能自体、現段階では他メーカーのどの製品もデメリットがあるので
電装店としてはまだお勧めできないのですが‥‥‥(>_<)
 
 
と言う訳で、ドライブレコーダーお取付に関しては
普及前から注目検証・販売取付している当社にご依頼頂ければ幸いです!
 
 
 
 
 
    by大塚専務
 

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

#ユピテルレーダー探知機 、遅ればせながらドラレコ連動タイプも2018年モデル #Z820DR 発売開始!

2018年モデルのユピテルのレーダー探知機は3月にワンボディタイプZ190R が発売、
5月に2ピースタイプZ290Csd、4ピースZ996Csd、ミラータイプA530の3種が発売されましたが、
唯一、後継機未発売だったドラレコ連動タイプ、Z810DRの2018年モデルがやっと発売となります。
 
品番はZ820DR、価格は変更無しで税込¥64,800-となります。
Z820drn


レーダー探知機機能に関しては先行発売済の他のモデルと同じで
2018年モデルのパワーアップ点として
アラートCGとPhotoの新警報、待ち受け画面やオープニングムービーがリニューアル、
標高データ収録、GPSデータ140,000件以上、取締り・検問データ54,000件以上、
受信対応衛星数 全75基、
もちろん、小型オービスにはGPSデータと レーダー波受信でダブルアプローチ。
 
と、なっております。
 
本来なら5月の2ピース&4ピースモデル発売時に
発売されるかな?と思っていたのですが諸事情にて2018年ギリギリの発売となりました。
  
  
このモデルの第一弾が発売された時は、ドラレコ需要が徐々に広まりつつある段階であり
レーダー探知機とドラレコのセット化したこのモデルは
ドラレコ本体がスマートになる&GPSアンテナが共用できる等、画期的でした。
 
その後、ドラレコは一気に普及し2カメラモデルが主流に変わりつつある現在では
魅力は少し落ちましたが、後方カメラ不要ならまだまだ魅力のあるモデルかと思います。
まぁ、来年あたりは2カメラ+レーダー探知機の新モデルをラインアップしてほしいところですが・・・・(^^;
 
 
と言う訳でれユピテルのレーダー探知機&ドライブレコーダーも、
ユピテルの指定店である当社にバシバシご相談ください!!
 
 
 
 
 
 
      by大塚専務

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

#ユピテル新型ドライブレコーダーは2カメラタイプの廉価版~駐車中監視は・・(>_<)~

あおり運転話から需要はうなぎのぼり&次々と新型が発売される進化途中のドライブレコーダー。
ユピテルからの2018年最後の新製品はこちら
前後録画タイプのDRY-TW8500d
Drytw8500d


メーカーHPはこちら↓
 
人気の・・・・と言うか今や主流になりつつある前後2カメラタイプで
当社販売価格は税込¥25,920-となり、前後2カメラタイプではお求めやすい価格となっております。

   
ユピテルの2カメラドラレコと言えば、
売れ筋はSN-ST80d(¥38,880-)、
そのSN-ST80dからフロントのカメラのSTARVIS機能を除いて
すこしお安くしたのがDRY-TW9100d(¥34,560-)、
 
それに比べると今回のDRY-TW8500dは
WiFi無し(そのかわり普通にフロントユニットにはモニターがあります)、
STARVIS機能無し、HDRはフロントのみ、リアカメラはアナログ伝送・・・と
かなりスペックを落としているように思えるかもしれませんが、
前後とも200万画素ですし、抑えるところはしっかりおさえております。
   
そのうえで、同タイプのコムテックZDR-015(¥27,000-)よりお安いのですから、
「ドラレコはあくまで保険だから、ちゃんと映ってさえいれば安い方が良い!
 ・・・・・でもやっぱり、あおり運転対策で後方カメラは譲れないかな・・・」
って方にはお勧めかと思います。
 
 
 
た~だ~~~~し、注意事項もあり、
これは上位モデルのSN-ST80d・DRY-TW9100dも同じなのですが
駐車中監視をお考えの方にはこれらのモデルはお勧め致しません。
   
どこぞやからクレームがつくかもしれませんが、ハッキリ言います。
これらのモデルの駐車監視機能は基本手動切り替えなので非常に使い辛いです。
マルチバッテリーや常時電源ユニット等のオプションを利用して駐車中監視もしたい!って方は
この3機種は候補から外した方が良いでしょう。
 
 
当社HPへの掲載は次回更新時(来年1月7日予定)となりますが
製品自体は12月下旬発売予定となっております。
 
 
 
と言うわけで、今や必需品のドライブレコーダーご購入・お取付も
専門店である当社にお任せ下さい!
 
 
 
 
 
      by大塚専務
 

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

#ハイラックス に #カーナビ #リアモニター #3カメラ #セキュリティ お取付~アルパインナビの #ボイスタッチ は3カメラには最適!?

先日ご入庫はボチボチご入庫のある新型ハイラックス。
2p1100604


お取付したナビはアルパインの汎用200mmモデル7WZ
2p1100572
アルパインナビは基本的には車種専用で、ハイラックス用は今のところフローティングの11インチのみ。
フローティングはお好みがわかれるので、これはちょっと・・・って場合は
汎用品でも、車種専用セッティングには最初からハイラックスも入っておりますので
セッティングはドンピシャ&↑の写真の様にオープニングもハイラックスです(^^;

  
 
 
そしてリアモニターはプラズマクラスター付のPXH10S-R-B
2p11005802p1100581

リアモニターの取付キットは現時点ではまだ発売されていないので汎用キットを使用してのお取付です。
ルーフ形状が微妙に凹凸があるお車ですが、キッチリ調整すると
スペーサー等使用しなくてもバッチリ隙間なく取付可能です。

  
 
でもって、フロントカメラはアルパインHCE-C2500FD
2p1100589

HCE-C2500FDにはナンバープレート下に取付けるステーが付属しておりますが
それを使うとナンバーよりかなりカメラが飛び出てしまうので
このお車では市販ステーを利用してナンバーと面一になるよう取付けています。

  
 
以前少しご紹介した2018年モデルのアルパインナビのウリである
ボイスタッチ機能でカメラ類の表示・切り替えは
「フロントカメラ!」と叫ぶだけで・・・もとい、叫ばなくても普通に話せば
どの画面でも一発でフロントカメラに切り替わります。
もちろん、ビュー切り替えも「コーナービュー」とか「トップビュー」とか普通に話すだけでOK!
「キャンセル」と言えば元画面になります。これは秀逸ですねぇ~~

  
 
サイドカメラはお得意のAVC製HBS-CAM02
2p1100584

サイドカメラはアルパイン製でなくてもきっちり使えます。
もちろん、ボイスタッチで「サイドカメラ」と叫ぶだけで・・・くどい・・・普通に話せば
どの画面でも一発でサイドカメラに切り替わりますし
ガイドラインも表示・調整可能です。
2p1100574

  

バックカメラは純正バックカメラを変換ケーブルにて接続、
(トヨタ車ならサイバーナビと同じく、カメラアダプターは不要でケーブルのみでOKです)
これにて3カメラが自在に使えます。

  
3カメラ時のカメラ類の表示・切り替えに関してはアルパインナビはボイスタッチで最強・・・・と言えるでしょう。


  
 
ドライブレコーダーは同じくアルパインDVR-C01W
2p1100592

ちょっとゴツイのが難ですが、多機能・2カメラ(ナビやリアモニターにも表示可能)で
操作自体はナビではできませんが、付属リモコンにより
ナビ画面で設定や再生ができるのが意外と便利でストレスはありません。
2p1100595


  
その他、HDMI/USBポートのKCUY62HUもスペアスイッチホールに設置
2p1100593


  

光ビーコン付ETC2.0、HCE-B110Vは上部グローブボックス内に設置しました。
2p1100602



  
その他、詳細は記載できませんがエンスタ付のセキュリティも設置し、防犯対策もバッチリです!
 


  
  
 
と言う訳で、とにかくボイスタッチが秀逸なアルパインナビ。
特にフロントやサイドカメラをストレスなく使いたい!って方にはお勧め度は高いです。
 
車種専用が多いため、当社HPには掲載しておりませんが
そこそこお安いお値段で販売しておりますので、
アルパインナビご検討の方は価格はメールにてバシバシお問い合わせください!
   
(今回のお客様はすべてご購入頂きましたが、HPに掲載していないせいか、
 アルパインナビはお持込が多いので・・・・・・)
 
 
 
 
 
 
 
           by大塚専務
 
 

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

#後付け #市販コーナーセンサー 、進化してますかね(^_-)-☆~ #フリードハイブリッド

すっかり秋の様相となりました・・・この土日の僕の”本日のお仕事”シリーズを
今日明日2回に分けてご紹介。
 
 
土曜朝一ご入庫はMC後は入庫率ナンバーワンのフリード。
とは言え、何時ものナビ付けやサイド・フロントカメラ取付ではなく最近ご紹介していなかった
後付け市販コーナーセンサーのお取付です。
 
お取付したコーナーセンサーは市販汎用品では定番のデータシステム製、CGS252シリーズ
  
    
このシリーズ警報タイプが3種類から選べ、センサーは基本2個が付属、
オプションで2個ずつ足せるので(最大6個)お好みの取付が可能ってわけです。


    
今回はモニター付きタイプで距離表示&ブザー音で警告するタイプのCGS252-Mをお取付
 
2p1100548


追加センサーUS2522(2個セット)は1組で付属センサーと併せて4個を
フロントコーナー左右
2p1100546


リアコーナー左右
2p1100545


にお取付。

バンパーカラーにあわせて塗装も可能ですが、今回はお客様が気になさらない・・・ってことで塗装無し。
塗装有だと最低でも2日間お預かりとなりのですが、塗装無しなら日帰り可能・・・・ってことで・・・・

とは言え、ナビ付けに比べると内装は勿論、前後バンパー周りと
色々と作業工程が多いので半日以上はかかりますが・・・・(^^;)
 
2p1100543
↑作業準備中です。この後色々とバラバラになります・・・(^^;)
 
 
ちなみにこの市販コーナーセンサー。以前も(もう数年前ですが)ご紹介しておりますが
HIDライト搭載車には取付不可(電波干渉で誤作動する)等、
制約が多い上、精度も??な点があったので、ハイブリッド車に取付では
電波干渉でまともに作動しないのでは?何て懸念もあったのですが、
作業前に仮設置でテストしたところ、無難に作動&以前のモデルより
感度も精度も上がっているのでは??って感じで、実際に取付け後のテストでもかなり良い感じでした(^_-)-☆
 
フリード含め、コーナーセンサーに関してはディーラーオプション設定は多いですが
高いので車購入時は取付けなかった・・・・けどやっぱコーナーセンサーあったら便利かな・・・
なんて方には比較的お勧めしやすい製品かと思います。(とは言え制約は多いですが・・・)
 
 
と言う訳で、後付け市販コーナーセンサー含め、市販電装品ご購入・お取付に関しては
 
「車の電気」の専門店である当社にお気軽にご相談下さい!!
 
 
 
 
 
 
 
      by大塚専務

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

#カロッツェリア、 #2018年 秋の #新製品 一気に #発表! #楽ナビ は #9インチ モデルも登場です!

先日、パイオニアよりカロッツェリアブランド秋の新製品が発表となりました。
今月より順次発売となる予定です。
   
正直、諸事情&噂もあり、パイオニアの新製品にはあまり期待していなかったのですが
ところがどっこい、カーナビ・カーオーディオの雄の意地を見せ?大胆な新製品等もあります(^^;
      
当社HPでは近々臨時更新にて掲載致しますが、まずは簡単にご紹介。


メインの楽ナビ2018年モデルは10機種、2017年の8機種に
9インチモデルのAVIC-RQ902、
Avicrq902

CDスロット無しでBluetooth対応のコスパモデルAVIC-RZ102の
2機種が追加となっております。プレスリリースはこちら↓

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2272

ちなみに、お買い得な特定販路向け楽ナビ3機種も2018年モデルが発売です。
こちらはメーカーHP↓

https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/business/car_general/avic-rl802-d_avic-rw802-d_avic-rz802-d/



新ラインアップはもちろん注目ですが、従来9シリーズだけだったブリリアントフィニュッシュパネルがRZ701と8シリーズにも採用されました。

これでまた8シリーズが売れるか??と思ったのですがマップチャージ最大3年分付属はやはり9シリーズだけ・・・・(^^;

当社の販売価格では8シリーズと9シリーズの差は1万円前後になる予定ですので、地図更新を考慮するとやはり9シリーズが主力になるかと思います。


また、その9シリーズではHDMI入力が復活!これは嬉しいですね。



お次はハイエンドカーナビとして今年6月にデビューしたサイバーナビXシリーズに8インチモデルが登場!
AVIC-CL902XS。プレスリリースはこちら↓

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2271

こちらは12月発売予定でまだ先ですがマニアな方にはたまらない一品でしょう。

発売中のCZ902XSもほぼ受注生産状態で納期がかかりますので、XSシリーズご検討の方はお早めにご予約をお勧め致します。


お次はオーディオユニット7種。
オーディオ単体機の需要が減り続ける中、キッチリ新製品を出してくるところはマダマダ元気な証拠ですかね?(^^;
プレスリリースはこちら↓

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2270

やはりスマホ連携を前面に打ち出しておりますが、その中でもスマホ固定用のクレイドルを内蔵した
MVH-7500SCは、ある意味斬新かと・・・・・・・
Mvh7500sc




ちなみに、スマホ関連では11月発売予定ですが
電動オートホールド式でワイヤレス充電に対応した
車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」も発表になっております!
プレスリリースはこちら↓

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2269


お次は人気のドライブレコーダーも5機種が新発売・・・・ですが

品番を見ると全く新しいので
”うおっ!一気に新型5種も投入か??”と思いきや、中身はすべて前モデルのマイナーチェンジであります(^^;

しかも大きなパワーアップ点は無しって事で・・・・・(>_<)
プレスリリースはこちら↓

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2268

上位機種に危険挙動録画機能(イベント録画で補える気が・・・・)が付いたのと、
付属SDカードが16GBにアップ(コスパモデルのDH400は前モデルと同じく32GB付属)、
それと一体型は全モデルオプションの偏光フィルター対応(DH600は付属)、
GPSは”みちびき”にも対応になったあたりが目新しいところでしょうか。



そして発売は11月予定ですが、色々なご意見が出そうなフリップダウンモニターの新モデルも発表になっております!
プレスリリースはこちら↓

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2267

なんと、国内最大級13.3V型フルHDフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」
  
新開発の「バックフリップ」機構搭載で、後部座席とモニターの距離が近づくので迫力ある映像が・・・・ってのがウリですけど
フリップダウンモニターは後席に近すぎると首痛くなるってのが定説では?????
&モニターを閉じても映像が見れる(=天井を見るわけですな・・・・)ので
運転手が休憩でシートを倒して楽しめる・・・・ってのもウリのようですが
・・・・・そんなシチュエーション・・・・・微妙では???



上記以外もカロらしい?デジタルプロセッサー

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2266

チューンアップトゥイーター、ユニットスピーカー、パワードサブウーファー、

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2265

↑この時代にあえてごっついパワードウーファーを発売とは・・・・・やりますね。。。
需要は少ないでしょうけど、僕の年代だと”おおぉ~~”と思います。


パワーアンプ2種もモデルチェンジしております。

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2264



と言う訳で、ナカナカ面白そうな2018年カロッツェリア秋の新製品、
当社販売価格は次回HP更新時掲載(近々臨時更新予定)となりますが、
”早くほしい!予約したい!HP掲載まで待てない!!”って方はメールにてお問い合わせ下さい!

カロッツェリア各製品、ご購入・お取付は
カロッツェリア正規販売代理店&車の電気のプロであるである当社にお任せください!!






              by大塚専務

| | コメント (0)

2018年9月28日 (金)

2018秋の新製品、 #パナソニックナビ #ストラーダ モデルチェンジ&オプションも・・・・

すでにメーカープレスリリース&メーカーHPでも公表済で遅ればせながら・・・・となりますが
カロッツェリアナビと並び当社主力製品のパナソニックナビ&オプション製品一部が
2018年モデルとしてモデルチェンジし、10月上旬に発売予定となっております!(^^)!
 
当社販売価格等は次回更新(2018年10月1日予定)で記載致しますが
これに伴い、現行2017年モデルは在庫完売次第終了となります。m(__)m
 
でもって気になる2018年モデルの進化具合・・・は、
総合的には近年の各社ナビと同じくハード的な大進化は無く、
地図が最新+アルファ程度のマイナーチェンジではありますが
 
その+アルファの地道なパワーアップ点は
 
・近年のナビではこれしか進化が無い?安全運転支援・サポートシステムの充実
→ゾーン30内のスピード超過警告機能・高速道路の逆走警告機能・スムーズな走行をサポートする
 「信号情報活用運転支援システム」(要オプション)が搭載されています。

  
・位置精度のさらなる向上
→新測位アルゴリズムやみちびき複数機24時間対応等、
 特に高度差による認識(よくあるのが高速と一般道の並行道路での誤認識)が
 上下センサー+標高情報のダブル計測で向上しています。

  
・見易さ、操作性の向上
→VICS WIDE利用での渋滞回避(スイテルート探索)案内時での
 交通状況の変化による案内変更時の新旧ルート比較がわかり易く、
 通常表示でも3Dビル表示ON/OFFが簡単に選択可能になりました。

   
と、ナビ機能に関しては上記の通りですが
スタンダードモデルのREシリーズ(CN-RE05D/WD)に関しては
今まで上位機種のみだった安全運転サポート機能も搭載で
全て上位機種と同等の仕様となりました!
 
これにより、ストラーダ各種のご選択肢としてはナビ機能はどの機種でも同じ、
後はオーディオ機能・モニター仕様・コスパ等での比較・ご選択となったわけです。

  
その、オーディオ機能に関しては
基本的に2017年モデルと同等となっております(^^;)
(特に進化無し・・・って事ですね)

  
とりあえず、専用キット(パネル)が無くても多くの車種に取付可能な
9インチ大画面ナビの後継機2種、CN-F1XVD・CN-F1DVDのメーカープレスリリースはこちら
 
Cnf1xvd


若干のデザイン変更とコスパモデルCN-F1DVD(ブルーレイ対応無し・REと同等機能)は
モニター性能も向上しております。
このモデル(CN-F1DVD)はCN-F1XVDとは大きくデチューンされておりますので
お勧め度は微妙なのですが、2018年モデルでは上位モデルとの価格差が
当社販売価格で¥32,400-ほどになると思いますので
2017年モデル(価格差¥10,800-)よりは需要があるかな??と思います。
 
 
ブルーレイ再生モデルのRXシリーズ2種、CN-RX05D・CN-0RX05WDのメーカープレスリリースはこちら
 
 
 
そして2017年モデルではコスパにより大ヒットとなったスタンダードモデル
REシリーズの2種、CN-RE05D・CN-RE05WDののメーカープレスリリースはこちら
 
 
*上記URL記載のRAシリーズ2種は量販店ルート製品の為、当社では販売致しませんm(__)m
 
 
今回のモデルチェンジではREシリーズが上記の通り、ナビ機能では
上位モデルとすべて同等になりましたので、一番進化したのかな?と言う感じかと思います。
 
 
また、オプション品では各ナビ連動のドライブレコーダーも
新発売となっております。(2017年モデルCA-DR02D→2018年モデルCA-DR02SD)
こちらは性能・外観面での変化はありませんが
新モデルCA-DR02SDは2018年モデルナビのみ対応(2017年以前モデルには非対応)となっております。
尚、2017年モデルCA-DR02Dはすでにメーカ在庫は終了しておりますが
2017年モデルにも2018年新モデルにも対応しております。
 
 
また、ETC&ETC2.0車載器も2018年モデルはCY-ET926D、CY-ET2500VD、CY-ET2010Dにモデルチェンジとなりました。
メーカープレリリースはこちら
 

 

 
 
単独使用(ナビ非連動)のETC車載器CY-ET926Dは売れ筋の現モデル(CY-ET925KD)に付属の
取付台座が別売りとなりますのでご注意ください。
 
ETC関連ではナ2018ナビの新機能&ウリ?でもある「信号情報活用運転支援システム」に必須の
CY-ET2500VDが注目ってところかと思います。
 
 
各製品とも10月上旬発売予定となっております。
発売直後は品薄が予想されますので、早く欲しい!って方は
パナソニック正規販売代理店である当社にお気軽にご相談下さい!
 
 
 
 
 
 
               by大塚専務

| | コメント (3)

2018年9月14日 (金)

#シビックFK7,8,FC1 #純正ステアリングリモコン #全て流用 ならこれ?~コストも使い勝手も良好&お勧めです!!~

現行シビックの純正ステアリングリモコン(純正ステアリングスイッチ)流用に関しては
本ブログでも以下のページで過去2回ほど記載しておりますが・・・
   
 
 
 
上記の記事の通り、ステアリングスイッチ信号が多重通信の為、
純正ステアリングスイッチの流用には
高額なCAN-BUSアダプターを使用しないと利用できません・・とご紹介しており、
当社でもAVC製のCAN-BUSアダプターで対応しておりました。
 
が、価格が高いのは記載の通り&純正の9ボタンのうち6ボタンしか使えない、
接続するナビによってはボリューム割り当てボタンが使い難い・・・・って難点がありました。
 
で・・・後発で満を持して?発売されたガレイラ製のアダプターですと
価格も安く(AVC製は¥28,080-に対し、ガレイラ製は¥10,584-:税込・取付工賃別)と
3分の1ほどな上、9ボタン全て使用可能、更に各スイッチの動作も滑らか・・・と
ユーザー様にはうれしい仕様で発売されております!(^^)!
当社では作動確認できていなかったったため、ご案内が遅れましたが、
先日実際にお取付・作動確認の上で、問題御座いませんでしたので遅ればせながらのご紹介です。
 
2p1100460

↑こちらは今回お取付したカロナビ用のGAP-HAV05。
(品番は接続するナビにより3種類御座いますが価格はどれも同じく¥10,584-です。
 適合詳細はガレイラHPにてご確認ください)
 
 
こちらを設置のお客様は
以前、ナビ等一式当社にてご購入・お取付頂いており、
AVCのアダプタ―も設置済だったのですが、
今回、この新アダプターが9ボタン使えるなら交換したいと言うご希望で交換させて頂きましたが
9ボタン使用可能以外に、お客様がご不満だったボリュームスイッチの反応に関しても
大幅に改善され御満足頂きました。
ゆえに・・・今更ながらのご紹介・・・となったわけです。
 
 
ちなみにガレイラ・・・と言えば、純正ステアリングスイッチを市販ナビに流用できる
学習型ステアリングスイッチアダプター→アルコンで名を馳せ、当社でも昔はかなり重宝させて頂いておりましたが
時代の流れで、純正ステアリングスイッチ対応アダプターが市販ナビ自体に内蔵が当たり前となった現在では
お付き合いが少なくなっていたのですが、このシビック用アダプターではまた需要がありそうな予感・・・・
&ガレイラ製品は取り扱いしておりますのでお取り寄せは問題なく可能
(販売価格は定価=ガレイラ表示価格となります)
ですので対応シビックにナビお取付ご依頼の際はぜひ当社にご相談下さい。
 
 
と言う訳で現行シビックステアリングスイッチ流用その他各社電装品の
お取付に関しては電装店である当社にお気軽にご相談下さい!
 
 
 
 
 
 
      by大塚専務
 

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

#ユピテル #新型ドライブレコーダー 今月は新機種2種!発売開始! #SN-TW80d #SN-SV60d

次々と新型が発売される進化途中のドライブレコーダー。
今月はユピテルから新機種2種が発売となりました!
 
一つ目はすでに当社HP本ブログでもご紹介済
待望の前後2カメラタイプのSN-TW80d。
8月中旬発売予定でしたが昨日入荷致しましたので発売開始です!
とりあえず在庫はたっぷり用意致しましたが、2カメラタイプは需要が多く
すぐに品切れ?の可能性が御座いますので、「早めにほしい!」って方は今すぐメールを・・・・(^^;)
 
当社HPでは次回更新時(9月1日予定)掲載予定、
本ブログにて先行ご紹介ですが夜間に強いSUPER NIGHT搭載の円筒形モデル
SN-SV60d
Snsv60d


メーカーHPはこちら
 
 
既に発売済で当社販売価格は税込¥23,760-となります。
 
このモデル、簡単に言うと
すでに発売済のSN-SV70dのデチューンモデルで、よりお求め安く・・・って感じです。
具体的にSN-SV70dとの違いは(以下、前者がSN-SAV70d)
付属SDカード:16Gb→8Gb
対角画角:174度→140度
事故時保障制度:有→無
価格(税込):¥28,080-→¥23,760-
 
まぁ・・・CN-SV70dと比べたメリットは価格・・・となる訳ですが
1万5千円前後なら買い・・・かもしれませんが4千円の差でこのスペックなら
SV70dかな・・と言う気はします(^^;)
 
ゆえに、当社ではこちらのモデルは在庫はせず、ご注文頂いてからのお取り寄せ・・・となります。
(今日現在のところ2メーカー営業日で入荷します)
 
 
と言う訳で、ドライブレコーダーのご購入・お取り付けも電装店である当社
バシバシご相談下さい!
 
 
 
 
       by大塚専務

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

#ドラレコ の実績ならやっぱり #ユピテル ?から待望の #前後録画タイプ 新製品! #後方カメラ性能 が良い感じ

今月1日のHP更新時にHPには掲載済ですが、ユピテルから前後2カメラタイプのドライブレコーダー発売されます!
 
品番はSN-TW80d、当社販売価格は税込¥38,880-
Sntw80da

メーカーHPはこちら
 
 
前後2カメラタイプは最近需要が多く、他メーカーでも人気製品・品薄になっていますが
このモデルはSTARVIS(スタービス)搭載で夜間やスモークガラスでも鮮明な映像、
さらにリアカメラも高性能(200万画素・対角157度)でデジタル転送の為、画質劣化も無いってのが良いところかと思います。
  
  
ただし、モニター無しのWiFi・スマホ連動前提のモデルですのでその点はご注意を・・・・
 
また、駐車監視についてはオプションが必要&使い勝手はイマイチ?ニ??サン???って感じなので・・・・(^^;)
 
 
今日現在のところは8月中旬発売予定で、お盆前入荷か後かは・・微妙です(^^;)
ちなみに前後2カメラタイプがすぐ欲しい!って方には
他メーカーの前後2カメラタイプですとセルスターCSD-790FHGが現在当社在庫あり・即納可能です。(数は残り少ないですが・・・)
 
 
と言う訳で、ドライブレコーダーのご購入・お取付けも電装店である当社にお気軽にご相談下さい!
 
 
 
 
 
 
     by大塚専務

| | コメント (0)

より以前の記事一覧