2017年9月21日 (木)

マセラティグランスポーツ~バックカメラお取付~

先日ご入庫はマセラティグランスポーツ。
P1080852


マセラティはクワトロポルテやグラントゥーリズモは何台かご入庫がありましたが
グランスポーツは初めて。
 
とは言え、ご依頼内容は軽め?ですでにナビ設置済みのところにバックカメラ追加のみです(^^;)
P1080854


カロッツェリアND-BC8IIです。


と・・・内容これだけでごめんなさいm(_ _)m
    
久々の初入庫&なかなか華のあるお車だったので・・・・・・
 
 
 
 
 
 
          by大塚専務
 

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

サイドカメラの取付位置で・・・・~ベンツAクラス(W176)サイドカメラ追加編~

先日御入庫はベンツAクラス(W176)C180。
P1080819

ご依頼内容は当社お得意の埋め込み型サイドカメラお取付です。

W176は過去何台もサイドカメラ取付を行っておりますので
手慣れた作業ですが今回はいつもと違う点として、
 
すでにディーラーにて助手席側サイドカメラとフロントカメラが設置済、
インターフェイスを介し純正モニターに映すようなシステムとなっておりました。
 
お客様のご希望は、この既存システムの使い勝手がイマイチなので
新しく運転席側にもサイドカメラ設置、
更に専用モニターを増設して現在の助手席側サイドカメラと新規運転先側サイドカメラを
同時表示にしたいとの事。

これはカメラスプリッターを使えば問題なしってことで
いざ作業・・・の前に、設置済の助手席側サイドカメラを確認してみると・・・・

ん??ディーラー設置済のサイドカメラの取付位置がミラー根元だ・・・・・・!!
P1080817

この位置への取付の最大のメリットはミラーを畳んだ(閉じた)状態でも
開いた状態と同じ状態の映像が見れること。
故にお客様が”駐車場が超狭くて、ミラーを畳んだ状態でサイドが見たいので・・・”ってご希望の時、
かつ、構造的に可能な場合は、当社でもこの位置に設置することはあります。
  
が、最大のデメリットは多くの車種ではこの位置に取付だと角度的に
サイドカメラの一番の利点のタイヤ近辺の映像が見えないこと。
ゆえに、当社では殆どの場合、ミラー部の極力外側に設置しております。
 
が、今回は左右カメラを同時に分割表示するので
左右カメラの取付位置が異なると、見え方も異なり違和感が出る・・・
ってこともあり、お客様に同じ位置に設置するか、
左右が異なっても新規カメラは見やすさ優先で設置するかお伺いしたところ、
通常の当社取付で・・・との事でしたので、普通にお取付しました。
P1080816

チョット余談ですが、過去の当社のW176へのサイドカメラ取付画像では
もっと一番外側に設置していますが、このお車は
アクティブブラインドスポットアシストシステム(ミラーの中に三角マークが光るアレですね。。。)搭載のため、
一番外側に物理的スペースがありませんので真ん中あたりとなっております。
で、追加設置した5インチモニターに映る映像はこんな感じ。
P1080813

ハイ、新規設置の右側はしっかりタイヤ回り(フェンダー・ホイール・設置面)が確認できますが
既設の左側は確認できません。
これを見るとやはり、埋め込み型サイドカメラはミラー部設置の方が
実用性が高いかな・・・と改めて思います。
もちろん、ミラー畳んだ時に見たい・・・と言う場合は別ですが。。。
 
 
 
と言うわけでサイドカメラやフロントカメラ取付・増設等に関しては
様々なパターンがありますので、実績多数の当社にぜひご相談ください!
 
 
 
 
 
 
 
 
         by大塚専務
 

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

この週末はやっぱりカメラ屋?~スバル車サイドカメラ取付他~

先週末の僕のお仕事は・・・・
まずはスバル新型XVにサイドカメラ&フロントカメラお取付
サイドカメラはもうこの写真飽きた?埋込型HBS-CAM02
P1080654
フロントカメラは安定の定番CMOS-320
P1080652


モニターは純正DOPパナソニックビルトインナビCN-LR820Dにカメラスイッチャを介して接続
P1080649_2


この新型インプレッサ以降の純正DOPパナソニックビルトインナビCN-LR820Dでは
「Corner Sensor INT」端子はあるものの、機能しておらずこの端子を利用した接続は不可となります(>_<)
とはいえ、この手の新型スバル車ではバックカメラのガイドライン(ステアリング連動予測ガイドライン)機能はカメラシステム側にあるので上記お取付(カメラスイッチャで切り替え)でも
バック時は従来通りのステアリング連動ガイドラインが表示されますので使い勝手は良好です(^_-)-☆
 
 
お次は同じくスバルですがフォレスターにサイドカメラ(HBS-CAM02)お取付
P1080670

こちらも純正のDOPパナソニックナビへの接続ですが、
こちらはコーナーセンサー用「Corner Sensor INT」端子が利用可能でこれを利用して+カメラスイッチャで接続しております。
 
ゆえに、サイドカメラは増設したスイッチャ付属のスイッチで一発表示
P1080666
(オフは同じくスイッチもしくは時間で自動復帰に設定可能)
バックカメラ表示時にはナビ側でのガイドラインも標示されます。
P1080668


また、上記どちらもスイッチャの機能の切り返しモード等も使えます。
ちなみにフォレスターは長野県松本市から、XVは群馬県からご来社頂きましたm(_ _)m
 
お次はホンダS2000にパナソニックゴリラ+バックカメラお取付。
P1080657

バックカメラはCY-RC90KD
P1080655


S2000はナンバー&バンパー周りにカメラ台座をセットする場所がないので
ステーを作成して設置となります。
 
と・・・・先週末はやっぱりカメラ取付がメインでしたが
それ以外ではVWポロにレーダー探知機Z180R(今月はセールでお買い得です!!!)
P1080665


やC-HRにエアコンガスメンテナンス等多数ご来社頂きましたm(_ _)m
P1080659
尚、この時期、最もお問合せの多いエアコン関連に関してですが
エアコン点検・修理は平日9時~18時までの対応とさせて頂いておりますが
エアコンガスメンテナンスに関しては土日祝でも対応しておりますので(要予約)お気軽にお問合せ下さい!!
 
 
 
 
 
 
 
        by大塚専務

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

梅雨明けは?3連休初日~新型?アウディA5カメラ類お取付他~

そろそろ梅雨明け??の3連休初日、猛暑でちょっと動くだけで汗ダクダクです(^^;)
この季節、ご来社なさるお客様から”この暑い中での作業は大変でしょう?”と聞かれま
すが
作業自体はエアコンの効いた工場内で行うので問題なし・・と言うか、お客様の車の中に汗ダクダクたらす訳にはいきませんしこちらの身体も持ちませんから(^^;)

     
しかし、いくら冷房が効いた工場とは言え、さすがにここまで暑くなってくると
シャッターを開けて車を入れ替えるだけで工場内の温度は急上昇、更にご入庫直後のお車も熱でカンカン・・・・
本来なら、シャッターを閉めて工場内もお車も十分冷やしてから作業したいところですが
さすがにボーナス後&夏休み前のこの季節の3連休、ご予約も多数って事で・・・・
熱中症にならない程度に水分補給&身体を冷やしながら頑張っております!
 
 
で、3連休初日作業の抜粋
モデルチェンジ後の新型アウディA5にレーダー探知機&お得意のカメラ類お取付です。
P1080592

サイドカメラはお決まりのAVC製HBS-CAM02
P1080590

更にフロントカメラはここのところメキメキ評判をあげているデータシステム製MVC811。
この2つのカメラをコムテックレーダー探知機ZERO803VにデータシステムのカメラスイッチャCSW294を介して接続、
増設スイッチ一発でレーダー探知機画面にカメラ映像表示・切り替え可能です。
   
  
ここでアウディに詳しい方はアレ??と思ったかもしれません。
そう・・・実は新型アウディA5と言えば、純正でアラウンドビューカメラが付いており、
フロントカメラやサイドカメラの表示も純正モニターでできるのですが、
お客様はこの純正の使い勝手がイマイチ・・・って事で、
今回は更に使い易いレーダー&カメラシステム増設をご依頼頂きました。
 
 
お次は、こちらもお得意のポルシェケイマン(987)に楽ナビお取付
P1080596


お次もお得意のレガシィ・・・でも最近はさすがに少なくなったBH。
P1080598
以前当社でお取付した楽ナビ(エアコンパネル移設で最上段に設置)に
連動ドラレコND-DVR1を追加設置させて頂きました。
  
このドラレコ・・・現在は様々&超多数のドラレコが発売されておりますが
楽ナビ連動で設置なら間違いなくお勧めの逸品です。
 
 
と言う訳で・・・・今年はサイバー&パナナビの春の新製品が無い為、
例年に比べるとこの時期としてはかなり暇?な当社ですが
この3連休前あたりからお盆時期まではさすがに忙しい??・・・ッテ感じになっております。
お盆休み前のご予約はお早めにご相談下さい。
 
 
では、皆様熱中症には気を付けて・・・・僕も気を付けながらこの3連休の作業を頑張ります!
 
 
 
 
 
       by大塚専務

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

毎度毎度のカメラ取付ですが・・・・~レガシィアウトバック(BS9)DOPパナソニックビルトインSDナビ接続~

昨日ご入庫はレガシィアウトバック(BS9)にフロント&サイドカメラお取付。
フロントカメラはコンパクトで画角も広いAVC製HMFB-CAM01
P1080572

サイドカメラはお決まりのAVC製HBS-CAM02
P1080574


設置済のスバルDOPのパナソニックビルトインSDナビに接続です。
 
 
で、過去何度もご紹介しております通り、
 
オプションカメラ入力の無い市販ナビや純正ナビにカメラ追加の場合、
その表示方法は
1.専用モニターをつける(小型モニターやミラーモニター、外部入力のあるレーダー探知機等)
2.ナビのVTR入力に接続する(切り替えが面倒&走行中の映像視聴制限の解除が必要)
3.ナビのバックカメララインに割り込ませる(一発で切り替え可能だが自車位置ずれ・ガイドライン表示でデメリットあり)
となるのですが
今回接続したスバルDOPのパナソニックビルトインSDナビには
コーナーセンサー用に「Corner Sensor INT」と言う端子があります。
   
これ、その昔、パナソニックのHDナビにあった「マルチカメラコントロール」と同じ機能を持っており、
これを利用すると上記3.と同じバックカメラライン割り込み接続でもデメリットなく使えるのです。
 
本来、コーナーセンサー使用時のための物ですので当然コーナーセンサーは従来通り表示
P1080565
更に追加したカメラスイッチャCSW294のスイッチ操作でフロントカメラ表示
P1080567


サイドカメラ表示
P1080566
どの場合も表示中走行してもナビ上の自車位置ずれはおこりませんし
バック時用のガイドラインが出て邪魔をすることはありません。
 
もちろん、バック時は自動でガイドライン表示
P1080569

また、スイッチャの機能で切り返しモードや時間での自動復帰等も使用できます。
 
データシステムのカメラスイッチャ類はカメラ増設時には便利ですが
オプションカメラ入力の無いナビへの接続は
バックカメラライン割り込み前提なのでデメリットあり・・・・ですが
以前の「マルチカメラコントロール」機能有のパナHDナビや
今回の「Corner Sensor INT」機能ありのスバルDOPパナソニックビルトインSDナビでは
デメリットなくストレスなく使用できるので相性は抜群!と言うところでしょうか。
 
*スバルDOPナビすべてに「Corner Sensor INT」機能がある訳ではないのでご注意を・・・・
 
 
 
 
 
 
 
        by大塚専務

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

スズキの全方位モニターを市販ナビに流用!ビュー切り替えもバック時以外も表示可能!!

この時は全方位モニターはバック時のみ表示、画面もトップビュー+バックカメラ固定でした。
 
で、今回はハスラーのMOPナビ(全方位モニター付)を8インチサイバーナビAVIC-CL900-Mに交換、
 
全方位モニターも流用でバック時表示はもちろん、増設スイッチにより 
   
バック時表示もトップビュー+バックカメラ→バックカメラのみ→左サイド+バックカメラと切り替え可能、
    
バック時以外でもトップビュー+フロントカメラ→フロントカメラのみ→左サイド+フロントカメラと切り替えて表示可能となりました(^_-)-☆
(ナビのバックカメララインに割り込ませる方法ですのでバック時以外は
 表示中走行するとナビ上の自車位置がずれる場合があります)

  
   
って・・・まぁ、前回は当社独自の技術・・・と言うか工場長の執念での改造のたまものでしたが
今回は・・・ハイ・・・・・・先日データシステムから遂にアダプターが発売されたんですね。。。(^^;
 
これにより今後は加工改造なしで市販ナビにスズキの全方位モニター流用が可能となったわけです。
これは、MOPナビ交換ご検討の方には朗報かと思います。


   
バック時はこんな感じで切り替わり・・・もちろんガイドラインはステアリング連動予測ガイドライン
P1080550

P1080551


P1080552


バック時以外はこんな感じ。
P1080547

P1080548


P1080549


ちなみに今回のお取付では
8インチサイバーナビAVIC-CL900-Mに全方位モニター&純正ステアリングスイッチ流用以外に、
リアモニターはシートバックタイプの新型10インチ、TVM-PW1000T(2台セット)
P1080556

+セカンドモニターにTVM-W910設置で、3台ともHDMI接続(分配器使用)
P1080538


音響もFスピーカーを新発売のTS-C1730S、RスピーカーはTS-F1730、更にサブウーファーTS-WH500A設置と増強しております!
 
 
 
 
 
と言うわけで全方位モニター流用はもちろん、その他諸々バシバシご相談ください!
 
 
 
 
 
 
 
                   by大塚専務

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

データシステムマルチビューカメラ検証、これは結構イケルかも??

6月1日のHP更新時に新製品として
データシステムのマルチビューカメラMVC811(当社販売価格税込¥17,280-) を
掲載致しました・・・こぼれ話にも記載の通り、
掲載時にはまだ実際に検証をしておりませんでした。
 
で、やっと時間ができたので検証してみましたのでご報告です。
 
結論を先に言えば(と言うか件名でOK出してますね・・・)
予想通り画角も広く、画質もソコソコ、価格も安くかなり良さげです。
 
これで当社お勧めの汎用フロントカメラは
 
・ケンウッドCMOS-320→夜間もきれいな画質&ケンウッドナビならナビ操作可能
 
・AVC HMFB-CAM01→カメラ本体が超コンパクトで目立たず狭い場所にも設置可能&高画角
 
・アルパインPKG-C2500F→電源ボックス付きで組み合わせるシステムによってはかなり有利
  
・データシステムMVC811→高画角・低コスト
 
の4種となりました。汎用フロントカメラご検討の方は上記特徴と以下の検証記事を
機種選択のご参考にして頂ければ幸いです。
 
尚、データシステム以外の3機種については以前の本ブログ記事、
 
(AVC製のコンパクトさご紹介)
(アルパインの新モデルを旧モデルとの違い含めご紹介)
(ケンウッド・AVC・アルパインの旧モデルの3種比較)
 
に同様の条件での写真等掲載しております。
 
で、本題のMVC811です。
こちらはマルチビューカメラですのでケンウッドCMOS-320と同じく
正像・鏡像切り替え可能ですのでフロントカメラとしてバックカメラとしても使えます。
正像・鏡像の切り替えは付属スイッチで行いますので設置後でも切り替えできます。
 
今回はフロントカメラとしての検証です。
 
カメラ本体サイズはW23mm×H23mm×D38mm と
奥行きが長いですが正面のサイズは一般的でケンウッドやアルパインと同じ、
専用のナンバープレート取付ステー(税込¥3,240-)も近々発売予定です。
 
気になる映像ですがこちらは6パターン切り替えが可能です。
(以下の検証写真は以前の各カメラ検証と同じ位置での撮影です。)
まずはフロントカメラの命、コーナービュー
P1080478

水平画角180度・・・完璧に180度カバーしており、スペック上195度の
ケンウッド製より確実に広い範囲が確認でき、左側の電信柱も奇麗に映っています。
AVC製もこの電信柱はカバーできますが画像のきれいさと範囲の広さはこちらが上ですね。
これだけでこのカメラのポイントはかなり高いと言えるでしょう。
 
お次は全体を一番広く見るスーパーワイドビュー
P1080476

このビューを実際に使うことは少ないかと思いますが
他のカメラとの比較で上下左右とも見える範囲が広い&補正による画質劣化が端の方でも少ないのがわかるかと思います。
 
お次はノーマルビュー
P1080477

ここでは画質がソコソコ無難なレベルであることが確認できます。
 
お次はトップビュー
P1080479
今回の検証では取説通りの取付のため、他のカメラは若干下向きに設置しているのに対し、
このカメラは進行方向に水平に設置しています。
ゆえに、真下が映っていない&広角によるひずみが激しい・・・となってしまい
(おまけに僕の写真の下手さでピンもボケており)写真はイマイチですが
トップビューを頻繁に使う方は下向きに設置すれば問題ないレベルかと思います。
ただ、トップビューに関してはAVC製の方が若干良いかもしれません。
 
お次はこのカメラのみの表示でスーパーワイドビューとコーナービューの上下2分割表示
P1080480

AVC製では似たようなのでコーナービューとフロントビューの2分割があり、
AVC製は補正が入っており、ひずみが無く見やすい分、コーナーの見える範囲がカットされますが
このカメラの場合は見える範囲はカットされずにすべて画面の中に収めております。
ゆえに、その分ひずみは大きくなり、逆に見難くなりますが
とにかく左右の広い範囲を見たいんだ!って方には有利ですが、それなら普通にコーナービューを使えば良いかな?って感じですね(^^;
 
最後も他のカメラにはない表示でスーパーワイドビューとトップビューの上下2分割表示。
P1080475


メーカーの意図としては前進で輪止めがある場所に駐車時に
上のスーパーワイドビューと前方全体を見て、
下のトップビューで輪止めを確認できれば便利、と設定したと思いますが
正直・・・・これ・・・使用頻度は低いかと思います。
 
最後に夜間性能ですがこちらは・・・
P1080493

写真の撮り方が下手ですがこの写真よりはきれいに色は出ます。
ただ、暗さにより全体的に画像が粗くなってしまうのはやはり他のカメラと同じ・・・より若干悪いくらいです。
まぁ、間違いなく夜間性能ではケンウッドが一番ですが、
このカメラも昔のアルパインよりは上ですから、実用には耐えうるかと思います。
 
と、悪い意味で?さすがデーターシステムと思えるような表示の設定もありますが
このカメラでは6パターンのうち、使わないビューは非表示に設定できるので
必要なビューだけ表示にしておけば、切替の手間はかかかりません。
この辺りは良い意味でさすがデータシステムって感じです。
 
 
 
 
と言うわけで、フロントカメラご検討の方は通称カメラ屋?の当社まで
お気軽にご相談ください!!!
 
 
 
 
 
 
 
        by大塚専務

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

市販ナビに接続できるサテライトビューカメラ、カナテクスから発売中!!~まずは現行アルファード用から~

最近はやり?のアラウンドビュー等の全方位駐車アシスト機能。
便利ですが基本的には純正ナビ専用で市販ナビには取付不可、また価格も高額です。
(アルパイン等でいくつか市販品がございましたが・・・・)
 
 
で、今年四月、取付キットの大手、カナテクスより、市販ナビに接続可能(バックカメラ入力使用)な
サテライトビューカメラが発売されました!
   
車種専用でまず第一弾は現行アルファード用、SV-Y001。
 
詳細はメーカーHPでご確認ください↓
 
 
 
まぁ、市販品と言っても、どの車種にも・・・ではなく車種専用ですので
今後、他車種の発売も期待したいところですが、第2弾でヴェルファイアは確実に出るでしょうけど、
そのあとはどうなんだか・・・・・(^^;
 

    
昔アルパインもヴェルアルとプリウスまでは出していましたが・・・・・
    
とりあえず現行アルファードにお乗り&市販ナビ(DOPナビも接続可能です)をつけてる方は、
このキットでサテライトビューが手に入る・・・・ってことで、
  
  
気になる値段の方は
当社販売&取付(調整含む)すべてひっくるめて税込¥149,040-となります!
(サイバーナビやケンウッドナビの様にバックカメラ入力がRCAではないタイプの場合は
 別途変換アダプターが必要になります)
   
 
決して”安い!”ってほどではありませんが、純正に比べれば安いですし、
当社でカメラを4つつけるだけでも近い値段になりますので、それを考慮すると魅力は高いかと思います。
 
 
車種専用のため、需要は少ないかもしれませんが、
仮にもカメラ屋?と言われるほど車載カメラの後付けのご依頼が多い当社としては
このアイテムを放置するわけにもいかず?この度、カナテクスの登録店になりましたので
ご報告かねて宣伝させて頂きました(^^;
 
 
現行アルファード&市販ナビをお使いの方は是非ご検討ください!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              by大塚専務

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

スマートフォン連携ナビのセレクトビューバックカメラ(スズキ)流用は・・・・・

先日ご入庫はワゴンRスティングレー(MH44)に
ナビ&ドラレコ&ETC2.0お取付
P1080283

お取付した機器はすべて以前当社でご購入頂き、
他のお車につけていたのを、お車買い替えにより載せ替えとなったCN-R500D1-D等です。
 
 
で、このお車、純正で付いていたナビがスズキ車で採用されているスマートフォン連携ナビゲーション。
これですね↓
P1080281

この場合、オーディオパネルが異形ですので別途純正パーツの2DIN用オーディオパネルが必要になります。
 
で、これに組み合わされていたバックカメラは、これも純正オプションのセレクトビューバックカメラ。
もちろんこれも流用するわけですが、このカメラはナビ本体からの電源供給ではなく、
カメラ自体にカメラユニットが別にあるため、ナビへの入力は映像信号だけです。
ゆえに映像信号だけ新しいナビに入れてやれば、ステアリング連動ガイドラインや
ビュー切り替え(純正スイッチ使用)等の機能はそのまま使えます。
P1080285P1080286

で、この際、それまでのナビのバックカメラ入力がRCAタイプなら、
すでにRCA変換されているので、そのまま接続できるのですが
スマートフォン連携ナビゲーションのように、
良くある5Pコネクターのカメラ接続端子の場合はこの5Pコネクターの映像信号をRCAに変換する必要があります。
でもって、カメラアダプターの大手?のデータシステムのカメラアダプタ適合表を見ると
セレクトビューバックカメラにはRCA004Hが適合となっております。
確かにこのRCA004Hでも適合するのですが、上記の通りこのカメラの場合、
電源ユニットは別にありますから不要。ゆえに
RCA004H↓
P1080305

の青丸の部分だけ必要で、赤丸の部分は不要なのです。。。。
 
本来なら↓こんなコネクター(変換アダプター)があれば簡単&無駄が無いのですが・・・
P1080280
こちらはマツダアテンザ(H24/11~27/1)用の市販ナビ取付キットに同梱されているもので
5Pカメラ入力から映像信号だけをRCAに変換するものですが
当社取扱メーカーではこのアダプターのみの販売設定は無かったと思います。
(ちなみにこの5Pコネクターはカメラ接続では市販品のクラリオン、純正のマツダ・ニッサン・ホンダ・スズキ車等に使用されています)
 
もちろん、こんなものを使用しなくても配線加工すれば済む話で(配線2本ですから・・・)で
当社ではそのように接続致しましたが、
DIYにチャレンジする方で
「純正配線はいじりたくない。カプラーオンだけで接続したい」・・・って方は
多少高くはつきますがRCA004Hをご使用ください・・・となるわけです。
(その際、赤丸部分の配線は一切不要です・・・)
 
今日は昨日よりちょっと需要のありそうな小ネタだったかな??
 
 
 
 
 
 
 
          by大塚専務
 

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

桜はそろそろ??そして関連なくAVC製フロントカメラ再紹介?

今年は桜が満開になるのが遅いですね。
咲き始めてから3月とは思えぬ低い気温の日が続いたからでしょうか・・・
 
当社のすぐ裏の大栗川沿いの桜は4月6日時点でこんな感じです。
P1080249_2P1080246


おそらく今週末が満開&見ごろでしょうか・・・・
当社から歩いてすぐ(駐車場から見えます)&川沿いにはずいぶん桜がある&遊歩道になっており、意外としっかり花見ができます(^^)/
P1080250


と・・・最近皆さんブログに桜の状況を書くパターンが多いのであやかってみましたが・・・(^^;
そんな、桜も咲き始めた4月、先週ですがアクセラにフロントカメラAVC製HMFB-CAM01をお取付。
新年度になってもカメラ屋?は相変わらずのようです(^^;
画角がちょっと狭くなったのが難・・・と言うわけで
今までケンウッド&アルパインに押されて影の薄めだったAVC製フロントカメラHMFB-CAM01が
ここにきてお問い合わせ&ご希望が増えてきております。
このカメラについては2015年7月30日 (木)の本ブログ

 

で前モデルHCE-C250FDとケンウッドCMOS-320、AVC HMFB-CAM01の3種を比較しております通りなのですが・・・
 
正直、他2種に比べると大手メーカーではない&画質はやはり粗いってことで
当社から積極的にお勧めはしておりません。
しかしながら、なんといってもサイドビュー時の画角の広さは必見、コストが安いのとカメラ本体サイズが小さいのも魅力で、この辺りを天秤にかけて・・・のご選択ならもちろんOKです。
今回のアクセラへのお取付でも、この位置に無理なく取り付けられるのはサイズの小さいこのカメラのみ。
P1080222

そして画角の広さは・・・前回のアルパイン&2015年版フロントカメラ比較と同じ位置に停めて・・・
P1080237P1080230


ハイ・・・しっかり道路の手前側・180度ラインまでカバーしております。
(モニターはビートソニックQBZ5=3.5インチ)
 
見通しの悪い駐車場から通りに出る際、アルパインやケンウッドでも左右からくる車は確実に画面に入りますけど、
道路の手前側すれすれを壁沿いに進んでくる自転車等は
死角になる場合があるのに対し、このカメラなら完全にカバーできるというわけですね。
 
まぁ・・・・他機種に比べると画像が粗いですが、
画角重視の方にはご検討に値するかと思いますのでご参考までに。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          by大塚専務
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧