« 今年も開催されるようです!当社すぐ近くで・・・・・~大栗川キャンドルリバー2016~ | トップページ | ユピテルからミラータイプレーダー探知機の新型発売! »

2016年2月17日 (水)

ドラレコでの駐車中監視について  ~あくまでご参考程度に・・~

前記事でカロッツェリアの新型ドライブレコーダー、ND-DVR10ご紹介時にドラレコでの駐車中監視について少し記載致しましたが、もう少しだけ詳しく書くと・・・・・・
 
 
ドラレコ発売当初から現在まで、
駐車中の当て逃げや悪戯も監視できるようなシステムは無いのか?&出来ないのか?
と言うお問い合わせやご相談を良く受けます。
 
で、一番簡単?&確実かつ一番危険(!)な方法は2007年9月4日の本ブログ
ご紹介しているようにスイッチ&作動警告用のLEDを付けて
手動で強制的に駐車中もドラレコを作動させちゃうって方法です。
これなら、取付けるドラレコに制限は無く、性能や機能でお気に入りの物を選べば駐車中監視が可能になります。
とはいえ、これはあまりにリスクが大きい(スイッチきり忘れたら一発でバッテリー上がります)ので
決してお勧めはできないし、今ではまずやらない方法。
 
で、その次の時代の方法として、原理は↑の方法と全く同じですが
スイッチ切り忘れ・バッテリー上がり対策として、
時間と電圧を設定・監視し電源入り切り・制御してくれるユニット:海外製のPOWERMAGIC PRO等を利用する事。
これだとスイッチきり忘れてもタイマー設定しておけば電源は切れるし、
バッテリー電圧を監視してくれているので設定電圧より下がれば電源を切ってくれる・・・と言う代物です。
 
これならスイッチでの切り替えよりは多少安心&どのドライブレコーダーでも設置&駐車中監視が可能になります。
ゆえに、このユニット(POWERMAGIC PRO)をお持込(当社では販売はしていないので)でお取付・・・ってパターンは現在も時々あります。
 
ただ、この場合のご注意は電圧監視では完全にバッテリー上がりを防止できるわけではありません。
電装屋の立場として言えば、バッテリーはその性質上、
性能には様々な要素が加わるため、単純に電圧だけでエンジンスタートの可否を決めるのは大変危険のです。ゆえに、まぁ・・あくまで保険であり、
これをつけていてもバッテリー上がりする可能性はあることはご留意ください。
 
ちなみにPOWERMAGIC PRO等と同じようなシステムで国産品ですと
セルスターの 常時電源コードGDO-05があります。
これも基本的には時間と電圧設定で電源を制御、
+パーキングモードを搭載したセルスター製ドライブレコーダーと組み合わせることにより、長時間の駐車中監視を可能にしています。
ただ、国産品=安全第一・・・ってことでタイマー設定は最長でも7時間ですので
7時間以上の長時間監視はできません。(POWERMAGIC PROは無限も設定できます)
電装屋の立場としては・・・7時間・・・が確かに良いところと言うか、現時点ではタイムリミットかと思います。
 
なんにせよ、上記の様にスイッチや制御ユニットで車両バッテリーを消費して駐車監視する場合は
ドラレコの選定は極力消費電流の少ないタイプが良いでしょう。
とはいえ、ドラレコ自体にパーキングモードがついていたり・・・と消費電力の少ないタイプは
そのモードでは常時録画ではなくセンサー感知での録画になることが多いため、
当て逃げ等では録画が間に合わない・・・ってジレンマが起きる場合もあります。
 
次に、その典型?と言うか・・・現時点では長時間の駐車中監視を行うなら一番ベターかな・・と思うのは
カロッツェリアの楽ナビ連動タイプのND-DVR1。
 
こちらは上記と同じく車両バッテリーを消費しますが
キーオフ後(駐車中監視)は電力を消費する常時録画は行わず、
内蔵センサーのみ稼働します。(この時の消費電力は1mAと少ないのです)
そして内蔵センサーが衝撃を受けたときのみ録画を開始する。と言うシステムの為、
時間制限が少なく長時間の駐車中録画ができるわけです。
(ケンウッドのナビ連動型:KNA-DR500もこのタイプです)
 
ただ、こちらはセンサー感知してから録画開始・・・・となるので、録画開始までにタイムラグがあるため、
当て逃げ・・・された場合は相手がその場に残って確認等してくれてれば記録に残せる場合もありますが
当ててそのまま走り去ってしまえばまず記録は残らない・・・と言う難点があります。
 
ちなみに一般的な汎用ドライブレコーダーでも、データシステムのセンサースイッチコントローラーSWC295と組み合わせて使用すれば
駐車時はSWC295の待機電流のみ(更に電圧監視による切断もあり)で
センサーが感知した時のみドラレコを起動させると言う、ND-DVR1と同じような使い方&長時間監視が可能になります。
ただ・・こちらも感知してからドラレコオン→録画開始となるので
タイムラグはかなり大きくなり、当て逃げにはほとんど対応できないかと。。。
 
と、上記の方法がいずれも長時間監視をするための方法・アイテムとなりますが
すべて車両側バッテリーを多かれ少なかれ使用するため、バッテリー上がりのリスクは付きまといます。
 
 
それに対し、車両バッテリーには負担をかけず、ドラレコ自体に内蔵のバッテリーで
駐車中監視をするタイプとしては前記事で御紹介の新発売カロッツェリアND-DVR10や
ケンウッドKNA-DR350等があります。
これらなら、駐車中監視中も車両バッテリーに負担をかけないのでバッテリー上がりの心配はありませんし
ND-DVR10ならセンサー感知の前後10秒で録画しますので
当て逃げも記録できる可能性が高いとなります。
 
ただ・・・何せ内蔵バッテリーですので駆動時間はND-DVR10満充電で約50分・・・と
お買い物時の駐車くらいにしか対応できないのが現状です。
 
 
ゆえに、今後はともかく、現時点で駐車中監視機能を使いたい・強化したいって場合は
上記をご参考の上で、どれが自分の使い方・希望にあっているか、一番近いものをご選択なさるしかありません。
正直、
車は月に一回くらいしか載らないが、家に停めてる間の駐車中監視をしたい・・・と言うご希望でしたら
ドラレコ流用より監視カメラ設置をお勧め致します(^_^;)
(今は監視カメラ&レコーダー安いですから・・・・・借家等で難しい場合以外は・・・)
 
最後に、裏ワザ?としてセキュリティやエンスタと組み合わせて
バッテリー上がりを防ぐ・・・って事も可能ですが、これは環境に優しくないので
今の時代にお勧めできる方法ではないので割愛致します。
 
 
 
と・・・・本日は久々に?真面目に解説してみました(^_^;)
 
 
 
 
 
 
 
          by大塚専務

|

« 今年も開催されるようです!当社すぐ近くで・・・・・~大栗川キャンドルリバー2016~ | トップページ | ユピテルからミラータイプレーダー探知機の新型発売! »

大塚専務の日記&コネタ」カテゴリの記事

コメント

スマホ用のモバイルバッテリーを駐車時用の電源としてつかえないですかね。

投稿: | 2016年3月 3日 (木) 06時51分

コメントありがとうございます。

USB電源タイプのドラレコならモバイルバッテリーを
利用することが可能な場合もありますが
やはり容量が足りませんのでせいぜい2~3時間、
駐車モードのあるドラレコでも一晩が限界でしょうから
実用性は低いかと思います。

ご参考までに。

投稿: 大塚専務 | 2016年3月 3日 (木) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も開催されるようです!当社すぐ近くで・・・・・~大栗川キャンドルリバー2016~ | トップページ | ユピテルからミラータイプレーダー探知機の新型発売! »