« お待たせしました!2013年サイバーナビ発表! ~その1 プレスリリース編~ | トップページ | 2013年カロサイバーナビ&パナストラーダRシリーズ、早期ご予約割引販売、ただいまより受付開始です! »

2013年5月 9日 (木)

お待たせしました!2013年サイバーナビ発表! ~その2 いざ、発表会編:サイバーはあくまで未来解禁の王道を行く!?~

昨日記載の通り、本日(すでに昨日ですが・・・)2013年のカロッツェリア新製品発表会に行ってきましたのでご紹介。
 
尚、製品詳細については
昨日の記事アップ時には更新されていなかったメーカーHPも更新されていますのでこちらをご参考ください。
 

 

 
また、前機種との違い等、イマイチわかり難い・・・って方は
カロHPのお客様サポート内「商品についてよくあるお問い合わせ(FAQ)」もすでに更新されており、
↓こちらをご覧になるとわかりやすいかと思います。
 
 
 
で。。発表会。
今回は2012年サイバーナビのHUDモデルを実際に自分の車で使用し、
カロ開発陣に色々と文句?を直接言いたい!と言う当社工場長も同行しての発表会参戦となりました。
 
以前も書きましたが当社は仕入の関係上パイオニアの埼玉営業所管轄なので発表会はさいたま市のラフレ埼玉へ。
ちょっと遠いけど東京より1日早く観れるのは嬉しいところ(^_^;)
P1010643
でもって始まる前に資料を貰って、じっくり読みまくると・・・・
 
ん???なんとなく・・・CPUまで新型のフルモデルチェンジと言っても目新しいところはいくつかで・・・
メニュー画面等のインターフェイスも大きくは変わってないので、
なんとなくマイナーチェンジで各機能を進化させ、新たなテイストをプラスしたって感じもしないでもないですが。。。。
逆に言えば、もうできることはほとんどやってきているサイバーナビですから
それぞれを進化させればそれで充分と言う気もしますが・・・(^_^;)
 
 
で、発表会が始まると、まずはプレゼン。
なるほど・・・2006年にスマートループを発表して以来、
2011年はクルーズスカウター、2012年にはHUD(ヘッドアップディスプレイ)と
常に他社とは異なり、独自の革新的な最先端技術を製品に反映・搭載し続けてきたサイバーナビ、
 
今回の目玉の新機能は・・・「クラウドAR」・・ってなんのこっちゃかと言うと
 
クルーズスカウターで実現した拡張現実(AR)とスマートループで実現した情報の共有を融合した
クラウド型情報共有サービス「スマートループ アイ」
 
簡単に言うと、渋滞が起こりやすい場所を「スマートループアイスポット」として設定し、
そこを通ったクラウドAR搭載車から実際の混雑具合の画像がサーバーに送信され、
サーバーで処理(ナンバーや人の顔等は見えない様に・・・)して、
クラウドAR搭載車に配信するってしくみです。
(画像収集から配信までは5分程度を予定しているそうです)
 
これにより、ルート案内していればルート途中の次の通過スポットのリアルな状況が画像で確認できるのはもちろん、
気になる場所やその周辺の状況も把握できちゃうってわけです。
まぁ、詳細はメーカーHPにて。。。
 
しかし・・・・これって・・・スマートループができた当時、リアルタイムプローブの情報は
殆どなかったのと同じで・・・・クラウドAR搭載車がいっぱい走ってないと情報は集まらないわけで・・・・・(^_^;)
しかもこのクラウドAR、2012年以前のモデルはバージョンアップしても対応しないそうなので
完全に2013年モデル(それもCS以上)を搭載した車が増えないと意味がない。。。って考えると
メーカーがウタっているほどリアルな現状を反映できるようになるには・・・長い年月がかかるでしょう??
 
まぁ・・・・とりあえず・・・・革新的な試みを次々に打ち出していくところが
サイバーナビは最高峰のナビであると言わしめている理由なのですから・・・これはこれで良しとしましょう(^_^;)
 
では、現実的に?それ以外の進化点&新機能をプレゼン&販売店用資料&発表会で
実際に見た・触った・聞いた点を交えて少し紹介しますと。。。
 
 
AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニットに関しては
表示方法表示情報の変更・追加で表示される情報も多く&見易くなりましたが・・・・
P1010653
実は単に表示情報の変更で見易くなっているだけの話で
”でかくて取付け難いな~~”と思っていたハード自体は前モデルと全く同じ・・・ここはチト残念。
ただ、取付アタッチメントの追加により、適合車種は増えるようですので
前モデルで適合外だった方にもチャンスあり?となっています。
 
また、2013年モデルからはベーシックモデルのAVIC-ZH0007含めた
全機種がHUDユニットに対応しています。
とはいえCSが無ければ当然CSの情報は出ませんけど、
HUD表示のルート案内表示は前モデルからわかりやすかったので、それだけでも価値があるかな・・と。
(出来ればHUDユニットの価格を下げて欲しかったところですが・・・・・ここが更に残念)
 
 
スカウターに関してはカメラ自体がハード面で改良、
画像認識・処理ソフトも改良により、各機能の能力アップ&安定、
更に横断歩道予告検知が新機能として追加されています。
 
 
次に新機能としてカロが押してるのが音声によるオンライン検索「フリーワード音声検索」機能。
(データ通信専用通信モジュール必須)
2012年からのフリーワード検索と同じく、外部サーバーと連携することで
普段使うような言葉で音声認識により目的地を検索できるってやつですが・・・・・
これについては便利そうだけど・・・
今までのフリーワード検索も通信の為かワンテンポ遅れますから、サクサク使うのは難しいかも??
 
で・・サクサク使うと言えば・・・サイバーナビの最大の難点を言えば、
高機能・高性能すぎるせいか、とにかくすべての動作が他のナビに比べるとちょっと遅いこと。
2011年モデルでは起動時間含め過去最悪の動作の遅さとネット上でたたかれ、
2012年モデルでは起動時間は大幅短縮され、検索時間も短縮されましたが、それでもまだ他のナビに比べれば遅かったのは事実です。
まぁ、僕はサイバーはそういうものだと思ってるので気になりませんでしたが
日常使っている工場長はどうしてもこれが気に入らないらしく・・・・・&
今回の新製品でもここに一番注目していたそうで。。。。
 
で、事前資料だと、
パフォーマンスも向上、ルート探索時間は約25%短縮され
例だと東京都庁~静岡県庁までのルート探索が
2012サイバーで約16秒だったのが12秒程度まで向上と書いてありました。
(それでも12秒か・・・と言ってはいけません。)
 
で、実際に検索したりMSVの音楽をバンバン曲送りしたりしてみると・・・
おもむろに工場長が
「あ~早くなってますね!体感できるほど早くなってます。
 これなら納得できるレベルでしょ。でももちろんケンウッドやパナに比べたら遅いですけど・・・」
って・・まぁ、ケンウッドと比べちゃいけないですけど(向こうはそれがウリですから)
これは嬉しいパワーアップ。今回の発表会での一番の収穫はこれか??って感じがするほど(^_^;)
タッチパネルのレスポンスも僕でさえ”あ・・早くなってる”と感じるくらい上がっていました。
 
 
で、もう一つ嬉しい変化はVHモデルのハードキーも良い感じで使いやすいです。
P1010647

曲送りや戻しの操作、前モデルでは静電センサーでカッコ良かったけど操作感がイマイチだったのが
ロータリーボリュームの外側の動かしやすい物理キーで操作するようになり、これはグッドな感触&サクサク動きました。
 
ハードキーとメニュー画面のカラーを連動させて変更できるのもグッド
P1010648

ハード自体のデザインも高級機って感じで僕は気に入りました。
 
 
で、サイバーナビと言えばAVNとしては音も最高クラスってのもウリです!
音に関してはさすがに発表会では確認できませんでしたが
資料によると高音質オーディオ用オペアンプ、DEH-P01と同等のコンデンサー採用等、
パーツや回路を更に品質アップしているようですのでは従来以上に期待を裏切らないかと思います。
 
又、HDDは100GBに容量アップし、MSVへの録音可能曲数もアップ。
たとえ使い捨てでも?HDDナビの魅力と言えばMSVってことで、ここにもサイバーらしさが見えます。
 
 
でもって最後はメディア対応。
ここは当然の流れで?HDMI端子装備、SDカードはSDXC対応、
さらにスマホ連携・・・と・・・2013年の各社ナビはどこでもやるであろうパワーアップにも当然対応。
 
が!!!サイバーらしいと思うのはスマホ連携の部分。
もちろん、HDMI等でスマホと接続・対応したスマホアプリをスマホの様に操作出来るのは当たり前なのですが
他社が地図画面でもピンチイン・アウトを使えたり、
ナビ機能に付随したアプリと連携するのに対し、
サイバーは地図画面操作は従来通り、連携アプリはナビ機能とは関係ないもの。。。になってます。
 
なぜなら、高機能大容量HDDナビ+通信機能+スマートループと言うご自慢のシステムを活用すれば
ナビ機能については完結するのでスマホアプリの助けなどいらないのです。(ってことだと思います。。。)
実際、それだけの高機能・多機能だと思いますし。。。
そしてその姿勢にはすこし感動すらしました(^_^;)
 
市販ナビ全体の傾向として低コスト化・メモリー化で
全体的にナビ単体としてのポテンシャルは落ちている気がする今日この頃、
あくまでHDDナビで最先端技術を搭載、最高峰ナビとしてわが道を行く?サイバーナビ。
至高の1台を求める方には是非お勧めしたいところです。
 
 
と・・サイバーの話が長くなり・・・チョロっとになりますが
他の新製品ではスピーカーのCシリーズ。
 
過去には他車のスピーカーもお勧めしていた当社が、
CシリーズがOpne&Smooth(ツィーターで中音域も再生)コンセプトになって以来、
実際に搭載した時の音の良さでCシリーズをお勧め品としてきましたが、
そのCシリーズが今回はパーツはもちろん、フレーム構造から見直し、
カロ担当者いわく「車につけて聞くと現行より格段に良くなった・余計な音が入らない」との事。
これは・・・・・かなり期待できそうです!
後は実際に音聴いてから・・・になりますが。。。
 
 
 
 
サイバーナビ新製品は当社販売価格が確定次第、HPにアップ致します。
 
また、今年も当社主力製品であるカロサイバーナビ&パナストラーダRシリーズは
早期ご予約割引販売を実施する予定です。これについては近々に本ブログでご案内致しますが
今回は受付期間が2週間程度と短くなると思いますのでご検討の方はお見逃しなく!
 
 
 
 
 
 
 
           by大塚専務

|

« お待たせしました!2013年サイバーナビ発表! ~その1 プレスリリース編~ | トップページ | 2013年カロサイバーナビ&パナストラーダRシリーズ、早期ご予約割引販売、ただいまより受付開始です! »

大塚専務の日記&コネタ」カテゴリの記事

製品紹介」カテゴリの記事

コメント

カーナビの進化もしごいんですね~

投稿: 吉野@コーチングスキル | 2013年5月30日 (木) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お待たせしました!2013年サイバーナビ発表! ~その1 プレスリリース編~ | トップページ | 2013年カロサイバーナビ&パナストラーダRシリーズ、早期ご予約割引販売、ただいまより受付開始です! »