« 2011年汎用バックカメラニューモデル対決 パナCY-RC70KD VS カロND-BC5 | トップページ | 2011サイバーナビ、目玉のスカウターについてのコレポ? »

2011年6月22日 (水)

待ってたよ~~ん!パナソニックストラーダ2011年の新HDDナビ「Hシリーズ」発表!

お待たせ致しました!例年ならサイバーナビとほぼ同時期のGW明けに発表になるはずのパナHDDナビニューモデル。
 
今年もその予定で3月には試作機も出来上がっていたのですが、震災の影響でニューモデルどころか
現行モデルも部品供給が足りず生産ストップ状態になっていたパナソニックナビですが
遂に新モデル発表となりました!!
  
プレリリースはこちら↓
  
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110621-1/jn110621-1.html
  
メーカーHPも既にアップされています↓
 
http://panasonic.jp/car/navi/products/index8.html
   
  
今回は2DINタイプ2機種のみです。
  
近年のトヨタ・ダイハツ車等に採用されているワイドコンソール(200mm)タイプがCN-H500WD、
 
従来通りの2DIN、180mmコンソールタイプがCN-H500Dとなっております。
  
サイズの違いによるデザインの違い(ハードボタンの位置)はありますが、後は基本的にどちらも同じです。
  
 
開発当初はアルパインに続く8インチモニター・・・って話だったのですが、無難に?単なるワイドタイプに落ち着きましたね(^_^;)
  
これは既にクラリオンが発売してますけど・・・・・(>_<)
  
アルパインと同じ8インチを出すとなると、専用の車種別取付キットも出す必要もありますけど、
200mmワイドなら純正で既に作っているので企画・生産対応しやすいってことなのでしょう。。
しかし、モニターサイズが同じならあまり意味は無いような気がしますが・・・・
  
こりゃてっきり、純正ナビと同じラインで作れるのでコスト低減?ッてことかと思ったら、
純正ナビとはまったく別ラインで作るそうで・・・・・となると部品共用の利ってことですかね。。。
 
  
     
・・・と裏話は置いといて・・・・・本体スペックを見てみると・・・・
  
今回のニューモデルはパナナビの最大の特徴である画面の綺麗さ&使いやすさ(操作性)を更に強調した
「良いところを更に伸ばす」堅実かつ正常かつ画期的な進化に徹しているように見えます。
  
サイバーナビのように全く新しい革命的な進化ではありませんが、現実的・実用的な進化です。
   
その内訳は・・・
  
今までも他社に比べ判りやすく使いやすかったインターフェースに
「モーションコントロール」を新搭載することによりタッチパネルでの操作がより直感的に行うことができます。
              
これはメインメニューだけではなく、地図画面やリスト表示画面でも“フリック”(はらい)や“ドラッグ”(なぞり)といった操作方法が可能になっています。
   
これを可能にしたのは従来の感圧方式のタッチパネルから静電タッチパネルに変更した為。
    
そしてこれにより、より軽いタッチ&多彩な操作が可能になるだけではなく、クリアパネルの採用もあり、より視認性が向上しています。
   
この”使いやすさ”を実現しつつも、
通常使用時は地図上にメニューアイコンを表示しない「フルスクリーンマップ」で地図を”見やすく”し、
操作するために手を近づけるとメニューを表示すると言う「アプローチセンサー」を搭載。
これは”使い易さ”と”見易さ”を両立した究極かつ革新的な機能だと思います。
  
近年のナビでは殆どの操作がタッチパネルになり、確かに操作しやすくなりました。
が、その分、モニター画面上にいくつものアイコンが表示され、肝心の地図の見たい所がアイコンに隠れちゃってる・・・なんて難点があります。
この難点を、一気に解消しているのです。
    
でもって液晶モニター自体は従来から他社より抜き出た綺麗さのパナが更に見易さを追求しちゃったのですから、そりゃ文句なしでしょ!
   
  
機能面では2010年モデルから採用のアダプター無しでの純正ステアリングスイッチ対応はもちろん継続搭載、
  
当社では”最強ナビ”と評価するに値したストラーダチューンは更に「オーディオチューン」も追加されパワーアップ、
  
その他、パナナビでは初のイルミネーション色の変更も可能になり、車種毎の内装雰囲気にもマッチします。
ついでに言うと
内装雰囲気にマッチといえば200mmワイドのH500WDではボタン部がフルフラットになっており、取付後の外観はよりスマートになることが期待できます。
   

  
と、なかばベタボメ状態?の新ストラーダですが、気になる発売予定日はメーカープレリリースでは8月12日!
  
でも・・・これは期待しないほうが良いでしょうね・・・・・・・(^_^;)
  
価格はオープン価格ですので、当社販売価格は発売が近づいた頃にご案内致します。
     
  
で、新サイバー&ストラーダでは当社恒例の早期予約割引・・・については
今回のサイバーナビで懲りた?(ご予約中の方・・・申し訳けございません)ので
  
・納期はいくら遅くなっても大塚電装から安く買いたい!って方に限るか、
・台数限定(当社に初回入荷もしくは発売から2週間以内に確実に入荷する台数)で受け付けるか・・・・
  
になると思いますが、後者は近々の状況を考慮すると「確実に入荷する台数」自体が怪しいので、たぶん前者になると思います。
(ご迷惑をおかけしているサイバーナビも初回入荷で40台入るはずが一桁でしたので・・・・・)
  
・・・いや、今言い切っちゃいましょう。前者のみで早期予約割引実施&ただ今から受付致します!!

そしてこの早期予約割引に関しては本記事のみのご案内で、今後ブログやHPではご案内いたしません。

要するに単に価格の安さでの集客目的ではなく、
普段から当社ブログやHPをご覧頂き、その主旨をご理解・共感頂ける方限定で
納期はお約束できませんが、どこよりもお安い価格で提供すると言う事です。
  
*早期予約割引はいつものごとくメールのみでの受付となります。
    
  
と言う訳で、この2011年ストラーダ「Hシリーズ」、具体的価格提示は7月末頃になると思いますが、宜しくご検討下さい。
 
   
  
最後に裏話に戻って・・・・
  
震災後、ナビの出荷がストップ状態のパナソニック。
(当社では2月に発注したCN-MW250Dが4ヶ月強経った今でも入荷の目処もありません)
   
この状態で新ナビなんて生産できるの??と思いますが、
現行モデルの生産が止まっているのは震災により各ナビに使用している半導体メーカーが出荷出来なくなったためです。
 
では、他の半導体メーカーに切り替えれば??となるのですが、現行モデルはすでに出来上がっている製品ですので
そこに違うメーカーの半導体に変更するのは困難=半導体メーカーの復活・出荷を待つのみ・・・となっています。
  
で、新モデルも開発段階では同じ半導体で進んでいましたが、こちらは発表前に震災で部品入手困難がわかった時点で、
他の半導体メーカーを検討、それに合わせた設計変更ができ、何とか生産の目処が立ち、発表になった様です。
    
    
    
  
      by大塚専務

|

« 2011年汎用バックカメラニューモデル対決 パナCY-RC70KD VS カロND-BC5 | トップページ | 2011サイバーナビ、目玉のスカウターについてのコレポ? »

大塚専務のお知らせ」カテゴリの記事

大塚専務の日記&コネタ」カテゴリの記事

製品紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157111/52009534

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってたよ~~ん!パナソニックストラーダ2011年の新HDDナビ「Hシリーズ」発表!:

« 2011年汎用バックカメラニューモデル対決 パナCY-RC70KD VS カロND-BC5 | トップページ | 2011サイバーナビ、目玉のスカウターについてのコレポ? »